トップページ > 製品選択ガイド > 
細胞増殖/細胞毒性測定用試薬の選択ガイド

細胞増殖/細胞毒性測定用試薬の選択ガイド

 MTT法やWST法は、還元発色試薬と生細胞中の脱水素酵素活性を利用して、吸光度測定により細胞数を計測する方法で、測定の手軽さ、安全性、再現性などの点から細胞増殖試験や細胞毒性試験など幅広く利用されている。
 また、細胞毒性を測定する際、MTT法やWST法など脱水素酵素活性を細胞毒性の指標とした測定と合わせて、細胞膜損傷を指標とした遊離LDH活性測定も行われている。これは、例えば、WST法を用いた毒性試験で、一見、細胞毒性が認められる結果が得られた場合でも、細胞数が減少しているのか、もしくは細胞の脱水素酵素活性が低下しているのか、の違いが分からない。そこで、別の指標として遊離LDH活性等を利用した測定が併用される。
 各々の細胞増殖および毒性試験法の特徴と比較を下の表に示した。
製品名
用途
細胞増殖・毒性試験
細胞増殖・毒性試験
細胞増殖・毒性試験
細胞増殖・毒性試験
細胞毒性
・細胞傷害性試験
色素
特長
検出方法
吸光度
吸光度
蛍光
吸光度
吸光度
色素名
WST-8
WST-1
Calcein-AM
MTT
WST
発色後の
水溶解性
易溶
易溶
-
不溶
易溶
製品
特長
測定原理
細胞全体の酵素活性
細胞全体の酵素活性
細胞内エステラーゼ活性
ミトコンドリアの酵素活性
遊離LDH活性
メリット
・細胞毒性が低い
・ホルマザンの溶解操作が不要
・試薬の安定性が高い
・高感度
・試薬混合の手間がかからない
・報告例が多数
・細胞毒性が低い
・ホルマザンの溶解操作が不要
・吸光度法より感度が高い
・吸光度より測定時間が短い
・低コスト
・ミトコンドリアの
 酵素活性を反映する
・細胞死を直接測定できる
・細胞傷害性試験に適用できる
・試薬の安定性が高い
・放射性同位体(Cr51)は
 使用しない
デメリット
・フェノールレッドと測定波長が
 近いためブランク値が若干
 上昇する。
・フェノールレッドと測定波長が
 近いためブランク値が若干
 上昇する。
・調液後の試薬安定性が低い
・培地交換が必要・有機溶媒で生成ホルマザン
 の溶解が必要
・試薬調製の手間がかかる
・放射性同位体より感度は劣る
・血清培地の影響を
 受ける場合がある
製品形態
溶液
溶液+凍結乾燥品
溶液
粉末
溶液+凍結乾燥品
製品コード

 下の図では各測定方法の対象となる細胞内の酵素を示した。各測定方法ともマイクロプレートリーダーを用いて簡便に測定することができる。
一方で、使用する試薬に応じて、指標とされる酵素活性が違うため、得られる結果が異なる点に注意が必要となる。ここで示した測定方法の他にも、トリパンブルー法、チミジン取込み法、BrdU取込み法、細胞内ATP測定法などがある。



 あわせて読みたいプロトコル集!




上記に示した細胞増殖測定試薬(Cell Counting Kit, Cell Counting Kit-8 他)と細胞染色試薬(-Cellstain-)を用いた測定方法を、
図解と写真で基礎からわかりやすく解説したプロトコルです。
また、操作上の注意点やコツの他、弊社へのお問合せを元にした「よくある質問」や「トラブルシューティング」も掲載しています。
一緒にご一読いただき、実験にお役立てください。

ページの上部へ戻る