トップページ > 製品選択ガイド > 
ミトコンドリア研究用試薬の比較

ミトコンドリア研究用試薬の比較

 細胞内で重要な機能を持つオルガネラの一つであるミトコンドリアは、酸化的リン酸化によるATP 産生の場であるだけでなく、その活性や機能障害が癌や老化、アルツハイマーやパーキンソン病等の神経変性疾患などと密接に関与している。また細胞内のタンパク質分解(バルク分解)機構であるオートファジー研究においても、ミトコンドリアの機能解析は重要な存在となっている。

 下記表では、ミトコンドリア研究用試薬として、損傷ミトコンドリアの品質管理システムであるマイトファジー検出(Mitophagy Detection Kit, Keima-Red)をはじめ、ROS:活性酸素種の検出(Si-DMA、MitoSOX)およびROSにより酸化を受け生じた過酸化脂質などの脂溶性過酸化物の検出(MitoPeDPP)、更にはミトコンドリア染色用および膜電位依存的な各種蛍光プローブ(MitoBrightシリーズ[Green] [Red] [Deep Red])、MitoTrackerシリーズ、Rhodamine 123、JC-1)の特徴を紹介している。


検出対象
マイトファジー
脂溶性過酸化物
一重項酸素
スーパーオキサイド
試薬名
Keima-Red
MitoSOX
検出原理
マイトファジーによる
ミトコンドリア内のpH低下に
応答し蛍光が増大
マイトファジーによる
ミトコンドリア内のpH低下に
応答し蛍光特性が変化
脂溶性過酸化物に
特異的に応答して
蛍光が増大
一重項酸素に特異的に
応答して蛍光が増大
スーパーオキサイドに
特異的に応答して
蛍光が増大
ミトコンドリア集積性

(共有結合)
-
(発現タンパク質)

(静電的相互作用)

(静電的相互作用)

(静電的相互作用)
生細胞の染色・観察
(染色後の固定)

(×)

(×)

(×)

(×)

(×)
固定細胞への染色・観察
×
×
×
×
×
励起/蛍光 (nm)
530/700
 550 & 440/620
452/470
644/670
510/580
染色時間*1
30分〜
*2
15分〜
45分〜
10分〜
同仁製品コード
-
-
*1 試料の種類や試薬濃度に応じて変わる
*2 細胞に遺伝子導入しKeima発現株を構築


検出対象
ミトコンドリアの膜電位差
ミトコンドリアの局在
ミトコンドリアのCa
試薬名
JC-1
MitoTracker series
検出原理
ミトコンドリアの膜電位に
応答して蛍光特性が変化
静電的相互作用で集積
静電的相互作用で集積
静電的相互作用で集積
ミトコンドリアに集積後
細胞内Ca2+と結合し
蛍光強度が増大
生細胞の染色・観察
(染色後のPFA固定)

(×)

(○)

(○)

(×)

(×)
固定細胞への染色・観察
×
×
×
×
×
励起/蛍光 (nm)
モノマー: 514/529
J会合体: 585/590
490/516 〜 644/665
507/529
553/576
染色時間*1
10〜60分
10分〜
15〜45分
15分〜
30〜60分
同仁製品コード
-
MT06  MT07  MT08
--
*1 試料の種類や試薬濃度に応じて変わる

ページの上部へ戻る