トップページ > 製品選択ガイド > 
タンパク質架橋(cross-linking)のアプリケーションと試薬

タンパク質架橋(cross-linking)のアプリケーションと試薬

目的別の実験例や参考文献をご用意!

クロスリンカー(架橋剤)は、2つの官能基を有する試薬で、1級アミノ基(NH2)やチオール(SH)を有する化合物を結合させることが可能である。酵素と抗体の結合体の作成や近接した2つのタンパク質の結合、タンパク質の修飾等に広く使用されており、イムノアッセイやタンパク質研究に幅広く使用されている。例えば、POD(peroxidase)とFab'を結合させ、酵素標識抗体を作製したり、Bovine Serum Albumin(BSA)やKeyhole Limpet Hemocyanin(KLH)とハプテンを結合させハプテン‐キャリアタンパク質複合体を作製することも可能である。その他、基板への分子固定やタンパク質の擬似モデルの作成、近接タンパク質の解析などにも応用されている。それぞれの化合物は、スペーサー鎖長や官能基の違い、有機溶媒の使用有無、リンカーの切断可否など用途にあわせて選択することが可能である。

目的化合物に応じた架橋剤とその実績論文を掲載したマニュアルをご紹介。

化合物1
化合物2
架橋剤
スペーサー
長さ
有機溶媒の必要性
スペーサーの切断
  使用例 (プロトコル)
タンパク(酵素)

抗体(Whole)

8.0Å

4.1Å
必要
不可
酵素(Alkaline Phosphatase)と抗体
抗体(Fab’)

9.4Å
必要
不可
酵素(POD)と抗FITC抗体(Fab'ウサギ由来)
9.4Å
不要
不可
Alkaline phosphataseと抗ヒトIgG抗体(Fab'マウス由来)
13.0Å
必要
不可
Alkaline PhosphataseとFab'
13.0Å
不要
不可
タンパク
8.9Å
必要
不可
タンパクサブユニット
 
<参考文献の紹介>
ツメガエルガラクチンの結晶構造解析
ノロウイルスのカプシドタンパク質二量体(P-domain)と血液型抗原受容体への結合評価
BSAの三次元構造解析
オリゴペプチド誘導体の受容体解析
cGMP-phosphodiesterase(PDE)とG-protein transducinのサブユニットを架橋
RGDペプチドと血小板レセプターの相互作用解析
ATPase subunit
亜鉛トランスポーター
ユビキチンタンパクリガーゼ
8.5Å
必要
8.5Å
必要
ペプチド
(SHを有する)


9.4Å
必要
不可
ovalbuminと合成ペプチドのシステイン残基
9.4Å
不要
不可
8.0Å
不要
不可
ovalbuminとSH化ペプチド
細胞

6.9Å
必要
不可
Staphylococcal enterotoxins BとMeth A細胞
6.9Å
不要
不可
タンパク

6.9Å
必要
不可
K40PsaEとcytochrome c3
6.9Å
不要
不可
タンパク

4.1Å
必要
鶏卵由来リゾチームとマウスリゾチーム
12.6Å
不要
13.0Å
必要
不可
13.0Å
不要
不可
ポリマー

脂質

4.1Å
必要
アミノ基含有ポリマーとチオールを有する脂質
12.6Å
不要
基板(アミノ基)


DNA

9.4Å
必要
不可
アミノ基プレート表面とDNA (チオール修飾)
9.4Å
不要
不可
6.9Å
必要
不可
アミノシランをコートしたTFT基板とDNA (5'チオール修飾)
6.9Å
不要
不可
基板(チオール)


タンパク


16.7Å
必要
不可
SH基修飾基板とアビジン(avidin)
16.7Å
不要
不可



限外ろ過膜を使った濃縮チューブを採用した万能標識キット


蛍光標識キット

製品名

製品コード

Fluorescein Labeling Kit - NH2


HiLyte FluorTM 555 Labeling Kit - NH2


HiLyte FluorTM 647 Labeling Kit - NH2


HiLyte FluorTM 750 Labeling Kit - NH2


Allophycocyanin Labeling Kit - NH2


R-Phycoerythrin Labeling Kit - NH2


Allophycocyanin Labeling Kit - SH


R-Phycoerythrin Labeling Kit - SH


ICG Labeling Kit - NH2


酵素標識キット

製品名

製品コード

Alkaline Phosphatase Labeling Kit - NH2


Alkaline Phosphatase Labeling Kit - SH


Peroxidase Labeling Kit - SH


Peroxidase Labeling Kit - NH2


Biotin標識キット

Biotin Labeling Kit-NH2


Biotin Labeling Kit-SH


Biotinylation Kit (Sulfo-OSu)




混ぜるだけで簡便に小量の抗体(10μg)に標識

製品名

製品コード

Ab-10 Rapid Fluorescein Labeling Kit


Ab-10 Rapid Peroxidase Labeling Kit


Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit



血清や腹水からIgGをわずか30分で精製

製品名

製品コード

IgG Purification Kit – A


IgG Purification Kit – G





直接標識法の利点や実施例などを
解りやすくまとめました。
はじめて抗体を標識される方に
ご覧いただきたいプロトコルです。
 

ページの上部へ戻る