トップページ > 商品情報:製品分類一覧 > 02酸化ストレス関連試薬 > -SulfoBiotics- Sulfide dibimane

-SulfoBiotics- Sulfide dibimane
化学名 Bis(2,5,6-trimethylpyrazolo[1,2-a]pyrazole-1,7-dione-3-ylmethyl)sulfide
CAS番号 1392113-30-2
製品コード SB15

 容 量
    税込価格
本体価格
10
nmolx5
 
Request
 
 
 
C20H22N4O4S=414.48
 


ダウンロード


取扱説明書

 
規格
性状:本品は、無色〜微黄色固体である。
(2) 純度(HPLC): 97.0% 以上
(3) 含量: 0.540〜0.600 (370 nm)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
性 質
近年、硫化水素 (H2S) が、血管拡張や細胞保護、インスリン分泌や神経伝達調節など様々な生理活性を示すことが明らかにされ、一酸化窒素 (NO) や一酸化炭素 (CO) に続く重要なシグナル分子として注目されている。硫化水素は、NOやCOと同様にガス状分子として認知されているが、そのpKaは約7であり生理的pHでは80%程度が硫化水素イオン (HS-) の状態で存在する。また、硫化水素イオンは、生体内で様々な結合形態や構造をとるため、その作用機序の詳細に関して未だ不明であり硫化水素を中心とした硫黄の生体内機能の解明が待ち望まれている。
 Monobromobimaneを用いた分析法は、最も高感度で汎用性の高い硫化水素検出法として利用されている。Monobromobimaneは、チオール特異的蛍光ラベル化剤であり、硫化水素1分子に対し、2分子のBimaneが結合した化合物 (Sulfide dibimane) を生成する (Fig. 1)。Sulfide dibimaneは、monobromobimaneがグルタチオンやシステインなどのチオール化合物と反応したbimane化合物とのHPLC分離が可能であり、また生成した化合物が蛍光を有するため、蛍光検出による高感度分析ができる。最近では、Sulfide dibimane(S34) と質量分析装置 (MS)を併用することでさらなる高感度化と高選択性を達成した方法が報告され、硫化水素だけではなく、SH基を有する種々の生体物質の詳細な解析法として確立されつつある
 


         Fig. 1 Monobromobimaneと硫化水素の反応





               Fig. 2 検量線例




 

    Fig. 3 HPLC測定例
    <分析条件>
     Column: ODS-3
      Mobile Phase: A) 0.1% TFA/H2O, B) 0.1% TFA/Acetonitrile (TFA: trifluoroacetic acid)
B conc.: 5%-35% (0-5 min), 35%-55% (5-16 min), 55%-70% (16-23 min)
      Detection: Fluorescence (Ex: 475 nm, Em: 390 nm)
Flow Rate: 1 ml/min
Column Temp: 40oC


[使用例]
HPLC測定: 参考文献 2) , 3), 5)
LC-MS測定: 参考文献 2), 4), 5)

  

Q&A 
光安定性について
試薬の調製法について
製品の使用期限
 
参考文献
1) G. L. Newton, R. Dorian and R. C. Fahey, Anal. Biochem., 1981, 114, 383.
2) E. A. Wintner, T. L. Deckwerth, W. Langston, A. Bengtsson, D. Leviten, P. Hill, M. A. Insko, R. Dumpit, E. Vanden
Ekart, C. F. Toombs and C. Szabo, Br. J. Pharmacology, 2010, 160, 941.
3) X. Shen, C. B. Pattillo, S. Pardue, S. C. Bir, R. Wang and C. G. Kevil, Free Radic. Biol. Med., 2011, 50, 1021.
4) M. Nishida, T. Sawa, N. Kitajima, K. Ono, H. Ihara, H. Motohashi, M. Yamamoto, M. Suematsu, H. Kurose,
A. vander Vliet, B. A. Freeman, T. Shibata, K. Uchida, Y. Kumagai and T. Akaike, Nat. Chem. Biol., 2012, 8, 714.
5) X. Shen, G. P. Kolluru, S. Yuan and C. Kevil, Methods Enzymol., 2015, 554, 31.
 
備 考
(開発元:Dojindo Molecular Technologies, Inc.) 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る