トップページ > 商品情報:製品分類一覧 > 02酸化ストレス関連試薬 > -SulfoBiotics- SSP4

-SulfoBiotics- SSP4
化学名 3',6'-Di(O-thiosalicyl)fluorescein
CAS番号 -
製品コード SB10

 容 量
    税込価格
本体価格
1
mg
\31,320
 
\29,000
 
 
 
C34H20O7S2=604.65
 


ダウンロード


取扱説明書

プロトコル

 
規格
性状:本品は、白色〜淡黄色粉末又は固体である。
(2) 純度(HPLC): 90.0% 以上
 
溶解
1 mg/ml (DMSO)
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
性 質
近年、硫黄原子が連結したパースルフィドやポリスルフィドのようなサルフェン硫黄 (Sulfane Sulfur) を含む分子種が生体内に多く存在していることが明らかにされている。このような分子種は、硫化水素の産生や貯蔵、放出だけでなく、S-スルフヒドリル化などのタンパク質内チオールをターゲットとしたシグナル伝達にも関与していることが示唆されており、非常に注目されている。SSP4 (Sulfane Sulfur Probe 4) は、サルフェン硫黄と特異的に反応して強い蛍光を発する試薬であり、サルフェン硫黄の蛍光検出や細胞内解析に利用することが可能である。

※サルフェン硫黄とは、硫黄原子にのみ共有結合した硫黄の総称である。
※本試薬を細胞内サルフェン硫黄含有分子の解析に使用する場合、試薬を細胞内に導入するためカチオン性界面活性剤であるCetyltrimethylammonium bromide(CTAB)を使用します。そのため、ライブセルイメージングには適用できません。


特長
1. サルフェン硫黄と反応して強い蛍光を発する (ex 482nm, em 515 nm)
2. サルフェン硫黄との反応選択性が高い(硫化水素、グルタチオン、システインには反応しない)
3. 細胞内イメージングへの適用が可能
 
検出原理

      


生体内に存在するサルフェン硫黄含有分子種

 
※生体内のサルフェン硫黄含有分子種は、酸化還元および転移によって変化する


サルフェン硫黄との反応によるSSP4の蛍光スペクトル変化

        
※ SSP4 10 μmol/l (PBS) にサルフェン硫黄ドナーであるNa2S3(Sodium trisulfide)を添加(終濃度 100 μmol/l )


SSP4の反応選択性
         

※ SSP4 10 μmol/l (PBS)中の各活性種(100 μmol/l)に対する反応性
  (Y軸:Blank1とした場合の蛍光強度比の値)


SSP4を用いたサルフェン硫黄含有分子種の細胞内イメージング

   

左: 処理をしていないCHO細胞
右: サルフェン硫黄ドナーであるNa2S3(Sodium trisulfide)で処理したCHO細胞


-注意-
SSP4はデタージェントによってバックグランド蛍光を発する場合がございます。


※SSP4 10 μmol/l (1% Detergent/PBS)中の515 nm蛍光強度(Ex: 482 nm)をプレートリーダーを用いて測定

TritonX-100を使用する場合は、0.1%以下の濃度にしてください。
NP-40, Tween20は1%濃度でも使用可能ですが、それ以下に希釈することでバックグランド蛍光を抑制することが可能です。

  

文書が見つかりません

 
参考文献
1) W. Chen, C. Liu, B. Peng, Y. Zhao, A. Pacheco, and M. Xian, “New fluorescent probe for sulfane sulfurs and the application in bioimaging”, Chem. Sci., 2013, 4, 2892.
2) T. Ida, T. Sawa, H. Ihara. Y. Tsuchiya, Y. Watanabe, Y. Kumagai, M. Suematsu, H. Motohashi, S. Fujii, T, Matsunaga, M. Yamamoto, K. Ono, N. O. Devarie-Baez, M. Xian, J. M Fukuto, and T. Akaike, “Reactive cysteine persulfides and S-polythiolation regulate oxidative stress and redox signaling”, Proc Natl Acad Sci U S A., 2014, 111, 7606.
3) E. Marutani, M. Sakaguchi, W. Chen, K. Sasakura, J. Liu, M. Xian, K. Hanaoka, T. Nagano, and F. Ichinose, "Cytoprotective effects of hydrogen sulfide-releasing N-methyl-D-aspartate receptor antagonists mediated by intracellular sulfane sulfur", Med. Chem. Commun., 2014, 5, 1577.
4) M. Sakaguchi, E. Marutani, H-S. Shin, W. Chen, K. Hanaoka, M. Xian, and F. Ichinose, “Sodium Thiosulfate Attenuates Acute Lung Injury in Mice”, Anesthesiology, 2014, 121, 1248
5) Y. Kimura, Y. Toyofuku, S. Koike, N. Shibuya, N. Nagahara, D. Lefer, Y. Ogasawara, and H. Kimura, "Identification of H2S3 and H2S produced by 3-mercaptopyruvate sulfurtransferase in the brain", Nature Scientific Reports., 2015, 5, 14774.
6) E. DeLeon, Y. Gao, E. Huang, M. Arif, N. Arora, A. Divietro, S. Patel, K. Olson, "A case of mistaken identity: are reactive oxygen species actually reactive sulfide species?", Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol, 2016, 310(7), R549.
7) P. Yadav, M. Martinov, V. Vitvitsky, J. Seravalli, R. Wedmann, M. Filipovic, and R. Banerjee, "Biosynthesis and Reactivity of Cysteine Persulfides in Signaling", Jounal of the American Chemical Society., 2016, 138, (1), 289.
8)A. Moustafa, Y. Habara, "Reciprocal interaction among gasotransmitters in isolated pancreatic β-cells", Free Radical Biology and Medicine., 2016, 90, 47.
9) A. Moustafa and Y. Habara, "Crosstalk between polysulfide and nitric oxide in rat peritoneal mast cells", Am. J. Physiol. Cell Physiol., (in press)
10) E. R. DeLeon, Y. Gao, E. Huang, M. Arif, N. Arora, A. Divietro, S. Patel, and K. R. Olson , "A case of mistaken identity: are reactive oxygen species actually reactive sulfide species?", American Journal of Physiology: Regulatory, Integrative and Comparative Physiology ., 2015, 310, (7), 549.
11) N. Takahashi, FY Wei, S. Watanabe, M. Hirayama, Y. Ohuchi, A. Fujimura, T. Kaitsuka, I. Ishii, T. Sawa, H. Nakayama, T. Akaike and K. Tomizawa, "Reactive sulfur species regulate tRNA methylthiolation and contribute to insulin secretion", Nucleic Acids Res., 2016, doi: 10.1093/nar/gkw745 .
 
備 考
(開発元:Dojindo Molecular Technologies, Inc.) 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る