トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > -SulfoBiotics- Sodium trisulfide (Na2S3)

-SulfoBiotics- Sodium trisulfide (Na2S3)
化学名 Sodium trisulfide, anhydrous
CAS番号 37488-76-9
製品コード SB03

 容 量
    税込価格
本体価格
100
mgx5
\12,960
 
\12,000
-SulfoBiotics- Sodium trisulfide (Na2S3) 100 mg x 5  
Na2S3=142.16


ダウンロード


取扱説明書

プロトコル

 
規格
(1) 性状:本品は、黄色〜黄褐色粉末又は固体である。
(2) 純度: 90.0% 以上
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵,遮光, 2.吸湿注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 

腐食性
 





 
性 質
近年、硫黄原子が連結したパースルフィドやポリスルフィドのようなサルフェン硫黄 (Sulfane Sulfur) を含む分子種が生体内に多く存在していることが明らかにされています。このような分子種は、硫化水素の産生や貯蔵、放出だけでなく、S-スルフヒドリル化などのタンパク質内チオールをターゲットとしたシグナル伝達にも関与していることが確認されており、非常に注目されています。また、パースルフィドやポリスルフィドは、一般的な還元物質であるシステインやグルタチオンよりも還元能が非常に高いため、抗酸化物質として機能している可能性も示唆されています。
Sodium polysulfide (Na2Sn) は、サルフェン硫黄を含む分子として最も単純な構造を有するサルフェン硫黄ドナーであり、水溶液中では各pKaに応じてHydrogen polysulfide (anion)として存在します。
本試薬類は、パースルフィドやポリスルフィドのようなサルフェン硫黄 (Sulfane Sulfur) を含む分子種の生体内機能の解明や解析に有用です。

※サルフェン硫黄(Sulfane Sulfur):硫黄原子のみ共有結合した硫黄の総称
 
生体内に存在するサルフェン硫黄含有分子種

※生体内のサルフェン硫黄含有分子種は、酸化還元および転移によって変化する


Sodium polysulfideの構造

ドナー
Sodium disulfide (Na2S2)
Sodium trisulfide (Na2S3)
Sodium tetrasulfide (Na2S4)
構造
pKa1
5
4.2
3.8
pKa2
9.7
7.5
6.3
品コード
※pKa値は下記の文献を参照
J. Gun et al., “Electrospray Ionization Mass Spectrometric Analysis of Aqueous Polysulfide Solutions”, Microchim. Acta, 2004, 146, 229



Sodium polysulfideの構造のドナー3種 ( Sodium disulfide Na2S2、Na2S3、Na2S4 ) のセットをご用意しました。

  

文書が見つかりません

 
参考文献
1) Y. Kimura, Y. Mikami, K. Osumi, M. Tsugane, J. Oka, and H. Kimura, "Polysulfides are possible H2S-derived signaling molecules in rat brain", FASEB J., 2013, 27, 2451.
2) S. Koike, Y. Ogasawara, N. Shibuya, H. Kimura, and K. Ishii, "Polysulfide exerts a protective effect against cytotoxicity caused by t-buthylhydroperoxide through Nrf2 signaling in neuroblastoma cells", FEBS Lett., 2013, 587, 3548.
3) E. R. DeLeon, Y. Gao, E. Huang, M. Arif, N. Arora, A. Divietro, S. Patel, and K. R. Olson , "A case of mistaken identity: are reactive oxygen species actually reactive sulfide species?", American Journal of Physiology: Regulatory, Integrative and Comparative Physiology ., 2015, 310, (7), 549.
 
備 考
(開発元:Dojindo Molecular Technologies, Inc.) 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る