トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > Spy-LHP

Spy-LHP
化学名 2-(4-Diphenylphosphanylphenyl)-9-(1-hexylheptyl)anthra[2,1,9-def,6,5,10-d'e'f']diisoquinoline-1,3,8,10-tetraone
CAS番号 892396-71-3
製品コード S343

 容 量
    税込価格
本体価格
1
mg
\23,436
 
\21,700
 
 
C55H49N2O4P=832.96
 


ダウンロード

 性 質
Spy-LHPは、過酸化脂質検出用の試薬である。生化学分野では微量の過酸化脂質の高感度で特異的な定量法が望まれており、過酸化脂質の検出・定量法として、ヨウ素滴定法や比色定量法、TBA法、化学発光法などがよく知られている。
小社製品であるDPPPは、これらの検出・定量法の問題点である感度、選択性などの種々の問題点を克服した製品であるが、短波長励起による細胞へのダメージや細胞の自家蛍光による影響などの問題点もあった。
 Spy-LHPは、トリフェニルホスフィン部で過酸化脂質と特異的に反応し、強い蛍光を発するペリレン環を蛍光基に持っている。また、脂質への親和性を向上させるために長鎖構造を持った構造になっている。蛍光波長は長波長励起(λex=524 nm、λem=535 nm)が可能であり、還元体はPeT(Photo-induced Electron Transfer)効果により消光されているが、酸化体(ホスフィンオキシド体)は量子収率がきわめて高く(Φ〜1 in methanol)、強い蛍光を発する。
 Tsudukiらは、リノレン酸やジャカル酸などの不飽和脂肪酸の脂質過酸化を測定する過程で、TBA法及びSpy-LHPを用いた結果の相関性を報告している。

特 長
1) 長波長励起なので、生体試料への光ダメージが少なく自家蛍光物質の影響が軽減される。
2) 脂質への親和性が高く、過酸化脂質と特異的に反応する。

本製品は、九州大学-同仁化学組織対応型連携の下、NEDO技術開発機構の助成を受けて開発されたものである。


図1 Spy-LHPおよび酸化体(Spy-LHPOx)の励起および蛍光スペクトル


図2 各ラジカル種に対する選択性

よくあるご質問 
Spy-LHPの使用例
 
参考文献
1) N. Soh, T. Ariyoshi, T. Fukaminato, K. Nakano, M. Irie, T. Imato, Bioorg. Med. Chem. Lett., 2006, 16(11), 2943.
2)T. Chan, Y. Shimizu, P. Pospišil, N. Nijo, A. Fujiwara, Y. Taninaka, T. Ishikawa, H. Hori, D. Nanba, A. Imai, N. Morita, M. Yoshioka-Nishimura, Y. Izumi, Y. Yamamoto, H. Kobayashi, N. Mizusawa, H. Wada and Y. Yamamoto, "Quality control of photosystem II: lipid peroxidation accelerates photoinhibition under excessive illumination", PLoS One, 2012, 7(12), e52100.
3) Shinohara N, Tsuduki T, Ito J, Honma T, Kijima R, Sugawara S, Arai T, Yamasaki M, Ikezaki A, Yokoyama M, Nishiyama K, Nakagawa K, Miyazawa T, Ikeda I. , "Jacaric acid, a linolenic acid isomer with a conjugated triene system, has a strong antitumor effect in vitro and in vivo.", Biochim Biophys Acta. ., 2012, 1821, (7), 980.
4)H. Tsuru, H. Shibaguchi, M. Kuroki, Y. Yamashita and M. Kuroki, "Tumor growth inhibition by sonodynamic therapy using a novel sonosensitizer", Free Radic. Biol. Med., 2012, 53(3), 464.
 
規格
(1) 性状:本品は、黒赤色結晶性粉末又は固体である。
(2) 純度(HPLC): 90.0% 以上
(3) NMRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
1 mg/ 150μl アセトン(25℃,飽和)、1mg /1ml クロロホルム
 
取扱注意
1.保存方法:遮光, 2.窒素置換
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る