トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > SOD Assay Kit - WST



      SOD Assay Kit - WST
化学名
製品コード S311

 容 量
    税込価格
本体価格
500
100
tests
tests

\24,732
\9,504
 
\22,900
\8,800
【キット内容】
[500tests]
・WST Solution      5 ml × 1
・Enzyme Solution  100μl × 1
・Buffer Solution   100 ml × 1
・Dilution Buffer    50 ml × 1
[100tests]
・WST Solution      1 ml × 1
・Enzyme Solution   20μl × 1
・Buffer Solution    11 ml × 2
・Dilution Buffer    10 ml × 1
 
 
 


ダウンロード

プロトコル

取扱説明書
100 tests

取扱説明書
500 tests

 性 質
活性酸素種(ROS:Reactive Oxygen Species)は、DNAやタンパク質と反応し、化学修飾するため、老化や発癌との関わりがあると考えられ、活発な研究が行われている。中でも活性酸素の一つであるスーパーオキシドを消去する、superoxide dismutase (SOD)およびSOD様物質が注目されている。SODは以下のスーパーオキシドの不均化反応を触媒する酵素であり、スーパーオキシドに由来する酸化ストレスを減少させる役割がある。
    2O2- + 2H+ → H2O2 + O2
 SOD Assay Kit-WSTは、高水溶性ホルマザンを生成するテトラゾリウム塩WST-1を使用しているため、NBT法の様なホルマザンの溶解操作は不必要である。また、WST-1はxanthine oxidase(XO)と直接反応しないため、100% SOD阻害率を測定することができる。また96穴マイクロプレート対応なので、一度に多検体の測定が可能である。

測定波長:450 nm

特 長
1) 100% SOD阻害率を測定することができる。
2) ホルマザンの溶解操作が不要で、操作が簡単である。
3) 一度に多検体の測定が可能である。
4) 高感度であり、サンプルの希釈倍率を高くすることができるため、妨害物質の影響を抑えることができる。


詳しい使用法は、プロトコル「SOD様活性を測定したい」を参照。
測定方法
96wellプレートを用い、サンプル調製から測定まで約1時間で完了します。


<キット以外に必要なもの>
・2〜20 μlと20〜200 μlのマルチチャンネルピペット ・インキュベーター(37℃)
・プレートリーダー(450 nmフィルター) ・96穴マイクロプレート



食品の抗酸化能の測定

呼吸や様々な外的要因より発生した活性酸素の多くは、生体機能を低下させ、各種疾病の発症や老化を促進させることが分かっています。
これらのストレスに対する防御作用(抗酸化能)を持つ物質は多数報告されており、食品の持つ抗酸化能を利用した健康維持、疾病の予防に関する研究が注目を集めています。



測定例

高知大学の島村らは碁石茶(ゴイシチャ)の製造工程毎にSOD様活性をキットで測定しています。

島村, “碁石茶製造工程におけるカテキン含量とスーパーオキシドアニオン消去活性の変化”, 日本食品科学工学会誌, 55(12), 640製造工程中で微生物が関与する好気的発酵、および嫌気的発酵でSOD様活性が大きく増加し、発酵工程中の茶抽出成分の変化による抗酸化能の変化を報告されています。



測定原理






阻害曲線例



Wavelength:450 nm


よくあるご質問 
Mn-SODの測り分け
SODの「U(ユニット)」算出方法
SOD以外で酸化ストレスマーカーとなるもの
SOD活性測定の種類
ブランクが発色しない
脂溶性成分は測定できますか?
食品類の測定出来るか
妨害物質
 
参考文献
    1) H. Ukeda, A. K. Sarker, D. Kawana and M. Sawamura, "Flow-Injection Assay of Superoxide Dismutase Based on the Reduction of Highly Water-Soluble Tetrazolium", Anal. Sci., 1999, 15, 353.
    2) H. Ukeda, D. Kawana, S. Maeda and M. Sawamura, "Spectrophotometric Assay for Superoxide Dismutase Based on the Reduction of Highly Water-soluble Tetrazolium Salts by Xanthine-Xanthine Oxidase", Biosci. Biotechnol. Biochem., 1999, 63, 485.
    3) 受田浩之, 森山洋憲, 川名大介, 片山泰幸, 中林錦一, 沢村正義, 「スーパーオキシドアニオン消去活性新規測定法の食品への応用」, 日本食品科学工学会誌, 2002, 49, 25.
    4) 森山洋憲, 片山泰幸, 中林錦一, 受田浩之, 沢村正義, 「高知県産茶および青果物の有するスーパーオキシドアニオン消去能の測定」, 日本食品科学工学会誌, 2002, 49, 679.
    5) H. Ukeda, T. Shimamura, M. Tsubouchi,Y. Harada, Y. Nakai and M. Sawamura, "Spectrophotometric Assay of Superoxide Anion Formed in Maillard Reaction Based on Highly Water-soluble Tetrazolium Salt", Anal. Sci., 2002, 18, 1151.
    6) N. Tsuji, N. Hirayanagi, M. Okada, H. Miyasaka, K. Hirata, M. H. Zenk and K. Miyamoto, "Enhancement of Tolerance to Heavy Metals and Oxidative Stress in Dunaliella Tertiolecta by Zn-induced Phytochelatin Synthesis", Biochem. Biophys. Res. Commun., 2002, 293, 653.
    7) A. Sakudo, D. C. Lee, K. Saeki, Y. Nakamura, K. Inoue, Y. Matsumoto, S. Itohara and T. Onodera, "Impairment of Superoxide Dismutase Activation by N-Terminally Truncated Prion Protein (PrP) in PrP-deficient Neuronal Cell Line", Biochem. Biophys. Res. Commun., 2003, 308, 660.
    8) J.-H. Zhu, X. Zhang, J. P. Mcclung and X. G. Lei, "Impact of Cu,Zn-Superoxide Dismutase and Se-Dependent Glutathione Peroxidase-1 Knockouts on Acetaminophen-Induced Cell Death and Related Signaling in Murine Liver", Exp. Biol. Med., 2006, 231, 1726.
    9) H. R. Rezvani, S. Dedieu, S. North, F. Belloc, R. Rossignol, T. Letellier, H. de Verneuil1, A. Taieb1, F.
    Mazurier, "HIF-1α: a Key Ffactor in the Keratinocyte Response to UVB Exposure", J. Biol. Chem., 2007, 10, 1074.
    10) S. Goldstein and G. Czapski, "Comparison Between Different Assays for Superoxide Dismutase-like Activity", Free Rad. Res. Comms., 1991, 12, 5.
    11) R. H. Burdon, V. Gill and C. Rice-Evans, "Reduction of a Tetrazolium Salt and Superoxide Generation in Human Tumor Cells (HeLa)", Free Rad. Res. Commun., 1993, 18, 369.
    12) Y. Sakurai, I. Anzai and Y. Furukawa, "A Primary Role for Disulfide Formation in the Productive Folding of Prokaryotic Cu,Zn-superoxide Dismutase", J. Biol. Chem., 2014, 289(29), 20139.
    13) A. Weichert, A. S. Besemer, M. Liebl, N. Hellmann, I. Koziollek-Drechsler, P. Ip, H. Decker, J. Robertson, A. Chakrabartty, C. Behl and A. M. Clement, "Wild-type Cu/Zn superoxide dismutase stabilizes mutant variants by heterodimerization", Neurobiol. Dis., 2014, 62, 479.
    14) J. M. Hartney, T. Stidham, D. A. Goldstrohm, R. E. Oberley-Deegan, M. R. Weaver, Z. Valnickova-Hansen, C. Scavenius, R. K.P. Benninger, K. F. Leahy, R. Johnson, F. Gally, B. Kosmider, A. K. Zimmermann, J. J. Enghild, E. Nozik-Grayck and R. P. Bowler, "A common polymorphism in extracellular superoxide dismutase affects cardiopulmonary disease risk by altering protein distribution", Circ Cardiovasc Genet, 2014, 7(5), 659.
    15) J. Wu, Y. Sun, Y. Zhao, J. Zhang, L. Luo, M. Li, J. Wang, H. Yu, G. Liu, L. Yang, G. Xiong, J. Zhou, J. Zuo, Y. Wang and J. Li, "Deficient plastidic fatty acid synthesis triggers cell death by modulating mitochondrial reactive oxygen species", Cell Res., 2015, 25(5), 621.
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
(開発元:Dojindo Molecular Technologies, Inc.) 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬


 
ページの上部へ戻る