トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > SIN-1

      SIN-1
化学名 3-(4-Morpholinyl)sydnonimine, hydrochloride
CAS番号 16142-27-1
製品コード S264

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
25
mg
\14,688
 
\13,600
342-06831
 
 
C6H11ClN4O2=206.63
 


ダウンロード

 性 質
SIN-1は系中にperoxynitrite(ONOO)を放出する試薬である。peroxynitriteは、NOとスーパーオキサイドとの反応によって形成されるといわれ、非常に酸化力の強い化学種である。神経系などにおいてperoxynitriteがNOとは異なった生理活性を有することが報告され、両者を区することができる実験系があれば、情報伝達系の理解に有用であると考えられている。
 SIN-1は血管拡張薬のmolsidomineの中間代謝物で、以下のスキームにより中性水溶液中で自発的にスーパーオキサイドと一酸化窒素を放出し、その後両者は速度定数3.7×107 M−1s−1 で結合してperoxynitrite(ONOO)になるといわれる。
 SIN-1からperoxynitriteがでることは、peroxynitriteの分解反応により発生するヒドロキサイドラジカルの生成を確認することで間接的に確かめられている。すなわち、デオキシリボースからはマロンジアルデヒドが生成し、安息香酸からはフェノール性蛍光体が生成する。

よくあるご質問 
溶解方法
 
参考文献
1) M. Feelisch, J. Ostrowski and E. Noack, "On the Mechanism of NO Release from Sydnonimines", J. Cardiovasc. Pharmacol., 1989, 14, S13.
2) M. Feelisch, "The Biochemical Pathways of Nitric Oxide Formation from Nitrovasodilators: Appropriate Choice of Exogenous NO Donors and Aspects of Preparation and Handling of Aqueous NO Solutions", J. Cardiovasc. Pharmacol., 1991, 17, S25.
3) N. Hogg, V. M. Darley-Usmar, M. T. Wilson and S. Moncada, "Production of Hydroxyl Radicals from the Simultaneous Generation of Superoxide and Nitric Oxide", Biochem. J., 1992, 281, 419.
4) M. E. Murphy and J. E. Brayden, "Nitric Oxide Hyperpolarizes Rabbit Mesenteric Arteries via ATP-sensitive Potassium Channels", J. Physiol., 1995, 486(1), 47.
5) 青柳一正, "腎疾患", 臨床検査, 1996, 40(2), 188.
6) 川西正祐, 井上純子, "活性酸素とNOによるDNA損傷", 生化学, 1997, 69(8), 1014.
7) H. Kankaanranta, R. G. Knowles, P. Vuorinen, O. Kosonen, P. Holm and E. Moilanen, "3-Morpholino-sydnonimine-induced Suppression of Human Neutrophil Degranulation in Not Mediated by Cyclic GMP, Nitric Oxide or Peroxynitrite: Inhibition of the Increase in Intracellular Free Calcium Concentration by N-Morpholinoiminoacetoni", Mol. Pharmacol., 1997, 51(5), 882.
8) S. Yamamoto, S. Nishizawa, T. Yokoyama, H. Ryu and K. Uemura, "Subarachnoid Hemorrhage Impairs Cerebral Blood Flow Response to Nitric Oxide but Not to Cyclic GMP in Large Cerebral Arteries", Brain Res., 1997, 757, 1.
9) S. Pfeiffer, E. Leopold, B. Hemmens, K. Schmidt, E. R. Werner and B. Mayer, "Interference of carboxy-PTIO with Nitric-oxide and Peroxynitrite-mediated Reactions", Free Radic. Biol. Med., 1997, 22, 787.
10) M. B. Herrero, E. de Lamirande and C. Gagnon, "Tyrosine Nitration in Human Spermatozoa: A Physiological Function of Peroxynitrite, the Reaction Product of Nitric Oxide and Superoxide", Mol. Hum. Reprod., 2001, 7, 913.
11) P. D. Lu, C. Jousse, S. J. Marciniak, Y. Zhang, I. Novoa, D. Scheuner, R. J. Kaufman, D. Ron and H. P. Harding, "Cytoprotection by Pre-emptive Conditional Phosphorylation of Translation Initiation Factor 2", EMBO J., 2004, 23, 169.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜微黄白色針状結晶又は結晶性粉末で、メチルアルコールに溶ける。
(2) 薄層クロマトグラフィー: 試験適合
(3) 融点: 180〜190℃(分解)
 
溶解例
10 mg/ml(メチルアルコール)
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る