トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >04細胞内蛍光プローブ > Quin 2

      Quin 2
化学名 8-Amino-2-[(2-amino-5-methylphenoxy)methyl]-6-methoxyquinoline-N,N,N',N'-tetraacetic acid, tetrapotassium salt
CAS番号 73630-23-6
製品コード Q001

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
50
mg
\28,080
 
\26,000
340-04713
 
 
 
C26H23K4N3O10=693.87
 


ダウンロード

プロトコル

 性 質
      Quin 2は R. Y. Tsienらによって合成されたカルシウムに特異的な蛍光指示薬で、カルシウムと錯形成することによって強い蛍光を示す。マグネシウムとの反応は無視できる。カルシウム選択性のGEDTAの分子構造に蛍光性のキノリン骨格を組込むことにより、Mg2+に対して約105倍の選択性を可能とした(logKCa=7.1,logKMg=2.7)。メトキシ基の存在によって、高い蛍光量子収率を示す(Ca錯体のφ=0.14)。カルシウム錯体の蛍光励起波長は339 nm、蛍光波長は492 nmである。
       和田らは、高濃度食塩溶液(5 mol/l NaCl)中の微量カルシウムの蛍光検出フローインジェクション分析法にQuin 2を適用し、10-6 molレベルのCa2+の迅速定量を可能とした。食塩電解隔膜法の電解槽のモニター法として有用である。

Q&A 
カルシウムプローブの選び方
はじめて測定します。Ca2+プローブの原理や測定方法、トラブルシューティング法を分かり易く教えて下さい。
 
参考文献
      1) R. Y. Tsien, "New Calcium Indicators and Buffers with High Selectivity against Magnesium and Protons: Design, Synthesis, and Properties of Prototype Structures", Biochemistry, 1980, 19 (11), 2396.
      2) R. Y. Tsien, T. Pozzan and T. J. Rink, "Calcium Homeostasis in Intact Lymphocytes: Cytoplasmic Free Calcium Monitored with a New, Intracellularly Trapped Fluorescent Indicator", J. Cell Biol., 1982, 94, 325.
      3) 和田弘子, 渥美博充, 中川元吉, 高濃度食塩溶液中の微量カルシウムの蛍光検出フローインジェクション定量, Chem. Express., 1989, 4, 381.
      4) M. B. Feinstein, J. J. Egan, R. I. Sha'afi and J. White, "The Cytoplasmic Concentration of Free Calcium Inplatelets Is Controlled by Stimulators of Cyclic AMP Production (PGD2, PGE1, FORSKOLIN)", Biochem. Biophys. Res. Commun., 1983, 113, 598.
      5) N. Miyoshi, K. Hara, S. Kimura, K. Nakanishi and M. Fukuda, "A New Method of Determining Intracellular Free Ca2+ Concentration Using Quin 2-fluorescence", Photochem. Photobiol., 1991, 53 (3), 415.
 
規格
(1) 性状:本品は、淡黄色粉末で水に溶ける。
(2) 純度(HPLC): 95.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合
(4) モル吸光係数(無水物換算): 34,000 以上(240 nm付近)
 
溶解例
      84 mg/100 ml(水)
 
取扱注意
1.保存方法:遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
04細胞内蛍光プローブ



 
ページの上部へ戻る