トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >05細胞染色用色素 > -Cellstain- PI solution
03分子生物学関連試薬
      -CellstainR- PI solution
化学名 3,8-Diamino-5-[3-(diethylmethylammonio)propyl]-6-phenylphenanthridinium diiodide, solution
CAS番号 25535-16-4(PI)
製品コード P378

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
ml
\6,048
 
\5,600
341-07881
 
 
C27H34I2N4=668.39
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
1 mg/ml H2O
Propidium iodide(PI)はethidium bromideとともにphenanthridium系染料に分類されるカチオン性の蛍光色素であり、DNA の二重らせん構造にintercalateすることにより特有の赤色蛍光が増強される核酸染色色素である。一部は二本鎖構造のRNAとも結合するため、正確なDNA染色のためには、二本鎖構造のRNAの除去が必要である。一般に生細胞の細胞膜は透過せず、死細胞にのみ入り込み核内のDNAにintercalateし赤色蛍光を発する。したがって、死細胞染色色素として利用される。また、PIはCalcein-AMやFDAなどのfluorescein系の色素と共に用い、生死細胞の二重染色に数多く用いられ、またフローサイトメトリー への応用例も数多い。
 本製品は変異原性があるため、使いきりの溶液タイプとして製品化した。秤量する時の実験室内への粉末の飛散を防ぎ使いやすくなっている。

蛍光特性:λex=530 nm, λem=620 nm

よくあるご質問 
核染色剤の違いは?
蛍光波長
固定化後に染色すると、核が染まらないのですが何か対策はありますか?
使用方法
廃棄方法
 
参考文献
1) I. W. Taylor and B. K. Milthorpe, "An Evaluation of DNA Fluochromes, Staining Techniques, and Analysis for Flow Cytometry. I. Unperturebed Cellpopulations", J. Histochem. Cytochem., 1980, 28(11), 1224.
2) W. M. J. Vuist, F. V. Buitenen, M. A. De Rie, A. Hekman, P. Ruemke and C. J. M. Melief, "Potentiation by Interleukin 2 of Burkitt's Lymphoma Therapy with Anti-Pan B (Anti-CD19) Monoclonal Antibodies in a Mouse Xenotransplantation Model", Cancer Res., 1989, 49, 3783.
3) A. K. El-Naggar, J. G. Batsakis, K. Teague, L. Garnsey and B. Barlogie, "Single- and Double-stranded RNA Measurements by Flow Cytometry in Solid Neoplasms", Cytometry, 1991, 12, 330.
4) C. Souchier, M. Ffrench, M. Benchaib, R. Catallo and P. A. Bryon, "Methods for Cell Proloferation Analysis by Fluorescent Image Cytometry", Cytometry, 1995, 20, 203.
 
規格
(1) 性状:本品は、橙色〜赤色液体の凍結品である。
(2) 含量: 試験適合
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
05細胞染色用色素
03分子生物学関連試薬


 
ページの上部へ戻る