トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > NO2/NO3 Assay Kit-C U(Colorimetric) 〜Griess Reagent Kit〜

      NO2/NO3 Assay Kit-C II(Colorimetric) 〜Griess Reagent Kit〜
化学名
製品コード NK05

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
100
回用
\33,372
 
\30,900
344-07991
【キット内容】
・NaNO2 標準溶液 (100 μmol/l)  ×1
・NaNO3 標準溶液 (100 μmol/l)  ×1
・緩衝溶液 (20 mmol/l、pH 7.6)   ×1
・還元酵素                ×1
・補酵素                 ×1
・試薬A                  ×1
・試薬B                  ×1
 
 
 


ダウンロード

取扱説明書

プロトコル

 性 質
Griess法は一酸化窒素(NO)が酸化されて生じるNO2-によるジアゾニウム塩化合物とナフチルエチレンジアミンのアゾカップリングを利用して検出する方法である。NOを直接測定するものではないが、発生したNO量を簡便に測定できるため広く使用されている。
 NON2O3あるいはN2O4となり水中で加水分解され最終的にNO2-とNO3-になるのでNO2-と同時にNO3-も測定する必要がある。本キットは還元酵素を含みNO3-をNO2-に還元できるので[NO2-]と[NO3-]の両方が測定できる。
  本キットは10〜100 μmol/lの濃度領域の測定に適している。

測定波長:540 nm(530〜580 nmの領域で測定可能。)

 使用方法はプロトコルをご覧下さい。
<キット以外に必要なもの>

・マイクロプレートリーダー ・96穴マイクロプレート ・マイクロピペット ・チップ及びシリンジ

*測定試料によっては除蛋白用の装置、試薬も必要となる。

測定原理

よくあるご質問 
NO2/NO3 Assay Kit-FX(Fluorometric)〜2,3-Diaminonaphthalene Kit〜との違いは何ですか?
サンプルの前処理方法を教えて下さい。
以前のキットとの違い
金属による測定への影響
抗凝固剤の種類
使用できない培地は何でしょう?
試料を、前処理前に保存することはできますか?
測定を阻害する物質は、どのようなものがありますか?
 
参考文献
1) L. J. Ignarro, G. M. Buga, K. S. Wood, R. E. Byrns and G. Chaudhuri, "Endothelium-Derived Relaxing Factor Produced and Released from Artery and Vein in Nitric Oxide", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 1987, 84, 9265.
2) W. R. Tracey, J. Linden, M. J. Peach and R. A. Johns, "Comparison of Spectrophotometric and Biological Assays for Nitric Oxide (NO) and Endothelium-Derived Relaxing Factor (EDRF): Nonspecificity of the Diazotization Reaction for NO and Failure to Detect EDRF", J. Pharmacol. Exp. Ther., 1990, 252(2), 922.
3) J. S. Pollock, U. Forstermann, J. A. Mitchell, T. D. Warner, H. H. H. W. Schmidt, M. Nakane and F. Murad, "Purification and Characterization of Particulate Endothelium-derived Relaxing Factor Synthesis from Cultured and Native Bovine Aortic Endothelial Cells", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 1991, 88, 10480.
4) H. H. H. W. Schmidt, T. D. Warner, M. Nakane, U. Forstermann and F. Murad, "Regulation and Subcellular Location of Nitrogen Oxide Synthases in RAW264. 7 Macrophages", Mol. Pharmacol., 1992, 41, 615.
5) S. Archer, "Measurement of Nitric Oxide in Biological Models", FASEB J., 1993, 7, 349.
6) M. B. Gilliam, M. P. Sherman, J. M. Griscavage and L. J. Ignarro, "A Spectrophotometric Assay for NADPH Oxidaton by Aspergillus Nitrate Reductase", Anal. Biochem., 1993, 212, 359.
7) S. Bodis and A. Haregewoin, "Significantly Reduced Salivary Nitric Oxide Levels in Smokers", Ann. Oncol, 1994, 5, 371.
8) D. S. A. Majid, M. Godfrey, M. B. Grisham and L. G. Navar, "Relation Between Pressure Natriuresis and Urinary Excretion of Nitrate/Nitrite in Anesthetized Dogs", Hypertension, 1995, 25, 860.
9) H. Trachtman, B. Gauthier, A. Goldstein and J. Tomczak, "Increased Urinary Nitrite Excretion in Children with Minimal change Nephrotic Syndrome", J. Pediatr., 1996, 128, 173.
10) D. L. Granger, R. R. Taintor, K. S. Boockvar and J. B. Hibbs Jr., "Mesurement of Nitrate and Nitrite in Biological Samples Using Nitrate Reductase and Griess Reaction", Methods in Enzymol., 1996, 268(A), 142.
11) G. Giovannoni, J. M. Land, G. Keir, E. J. Thompson and S. J. R. Heales, "Adaptation of the Nitrate Reductase and Griess reaction Methods for the Measurement of Serum Nitrate Plus Nitrate Levels", Ann. Clin. Biochem., 1997, 34, 193.
12) I. Guevara, J. Iwanejko, A. Dembinska-Kiec, J. Pankiewicz, A. Wanat, P. Anna, I. Golabek, S. Bartus, M. Malczewska-Malec and A. Szczudik, "Determination of Nitrite/Nitrate in Human Biological Material by the Simple Griess Reaction", Clin. Chem. Acta., 1998, 274, 177.
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 

感嘆符
 

腐食性
 





 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る