トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >07膜タンパク質可溶化剤 > n-Nonyl-β-D-thiomaltoside

      n-Nonyl-β-D-thiomaltoside
化学名 n-Nonyl-β-D-thiomaltopyranoside
CAS番号 148565-55-3
製品コード N373

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
g
\23,760
 
\22,000
343-06861
 

 
C21H40O10S=484.60
 


ダウンロード

パンフレット


 性 質
非イオン性界面活性剤:cmc=2.4 mmol/l
 土屋らは膜タンパク可溶化剤として親水部にマルトースを有する新しいタイプの界面活性剤を報告している。細胞膜内部に存在するタンパク質もこの界面活性剤を用いて容易に可溶化でき、その活性はn-Octyl-β-D-glucosiden-Heptyl-β-D-thioglucosideを用いて可溶化したときよりも高活性であった。
 n-Nonyl-β-D-thiomaltosideのcmc値は2.4 mmol/lであり、可溶化後の透析による除去も容易に行えることができる。

よくあるご質問 
cmcと可溶化
 
参考文献
1) S. Izawa, Y. Sakai-Tomita, K. Kinomura, S. Kitazawa, M. Tsuda and T. Tsuchiya, "Introduction of a Series of Alkyl Thiomaltosides, Useful New Non-Ionic Detergents to Membrane Biochemistry", J. Biochem., 1993, 113, 573. 2) K. Iida, M. Murakoshi, S. Kumano, K. Tsumoto, K. Ikeda, T. Kobayashi, I. Kumagai and H. Wada, "Purification of the Motor Protein Prestin from Chinese Hamster Ovary Cells Stably Expressing Prestin", Journal of Biomechanical Science and Engineering ., 2008, 3, (2), 221.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色粉末で吸湿性が強い。水、アルコール等に溶ける。
(2) 純度(GC): 98.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合 0.220 以下(280 nm)
(4) 吸光度: 0.070 以下(400 nm)
(5) 比旋光度(20℃): 34.0〜36.0ocm2deg-1
(6) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
1 g/5 ml(水)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
07膜タンパク質可溶化剤


 
ページの上部へ戻る