トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >05細胞染色用色素 > Mtphagy Dye

Mtphagy Dye
化学名
製品コード MT02

 容 量
    税込価格
本体価格
5
μgx3
\84,240
 
\78,000
初めてマイトファジー検出をされる際は、リソソーム染色試薬(Lyso Dye) が同梱の、Mitophagy Detection Kit[コード:MD01]]のご使用をお勧めします。
 
 
 
 


ダウンロード

取扱説明書

 性 質
ミトコンドリアはエネルギー産生の場として知られ、細胞内で重要な機能を持つオルガネラの一つです。近年では、アルツハイマー病やパーキンソン病の原因の一つに不良化したミトコンドリアの蓄積が報告され、マイトファジーがその中で重要な役割をもった機構であることが明らかになってきています。マイトファジーは酸化ストレスやDNA 損傷等により不良化したミトコンドリアを選択的に除去するシステムであり、不良ミトコンドリアはオートファゴソームにより隔離され、リソソームと融合し消化されます。
Mtphagy Dye は細胞内の正常なミトコンドリアに集積し、化学結合により固定化されますが、その状態では蛍光強度は低くなっています。一方、マイトファジーが誘導されミトコンドリアがリソソームと融合すると、Mtphagy Dye の蛍光強度が増大します。
初めてMtphagy Dye をご使用の際は、リソソーム染色試薬(Lyso Dye) が同梱されたMitophagy Detection Kit(品コード:MD01)にてリソソームとの共染色により、マイトファジーを検出することをお勧めします。
検出原理
Mtphagy Dyeによるマイトファジー検出機構




Mtphagy Dyeを用いた実験データは、コチラ[Mitophagy Detection Kit(品コード:MD01)]のページをご覧ください。


文書が見つかりません

 
参考文献
1) J. Koniga, C. Otta, M. Hugoa, T. Junga, A. L. Bulteaub, T. Grunea and A. Hohna, "Mitochondrial contribution to lipofuscin formation", Redox Biology, 2017, 11, 673.
2) K. Kameyama, "Induction of mitophagy-mediated antitumor activity with folate-appended methyl-β-cyclodextrin", International Journal of Nanomedicine, 2017, 12, 3433.
3) E. F. Fang, T. B. Waltz, H. Kassahun, Q. Lu, J. S. Kerr, M. Morevati, E. M. Fivenson, B. N. Wollman, K. Marosi, M. A. Wilson, W. B. Iser, D. M. Eckley, Y. Zhang, E. Lehrmann, I. G. Goldberg, M. S. Knudsen, M. P. Mattson, H. Nilsen, V. A. Bohr and K. G. Becker, "Tomatidine enhances lifespan and healthspan in C. elegans through mitophagy induction via the SKN-1/Nrf2 pathway", Scientific Reports, 2017, 7, (46208), DOI: 10.1038/srep46208.
4) H. Iwashita, S. Torii, N. Nagahora, M. Ishiyama, K. Shioji, K. Sasamoto, S. Shimizu and K. Okuma, "Live Cell Imaging of Mitochondrial Autophagy with a Novel Fluorescent Small Molecule", ACS Chem. Biol., 2017, 12, (10), 2546.
5) Y. Feng, NB. Madungwe, CV. da Cruz Junho and JC. Bopassa, "Activation of G protein-coupled oestrogen receptor 1 at the onset of reperfusion protects the myocardium against ischemia/reperfusion injury by reducing mitochondrial dysfunction and mitophagy.", Br. J. Pharmacol., 2017, 174, (23), 4329.
6) K. M. Elamin, K. Motoyama, T. Higashi, Y. Yamashita, A. Tokuda and H. Arima, "Dual targeting system by supramolecular complex of folate-conjugated methyl-β-cyclodextrin with adamantane-grafted hyaluronic acid for the treatment of colorectal cancer.", Int. J. Biol. Macromol., 2018, doi: 10.1016/j.ijbiomac.2018.02.149.
 
規格
(1) 性状:本品は紫色〜赤紫色固体である。
(2) NMRスペクトル: 試験適合
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
開発元:Dojindo Molecular Technologies, Inc. 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
05細胞染色用色素


 
ページの上部へ戻る