トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > MGD

      MGD
化学名 N-(Dithiocarbamoyl)-N-methyl-D-glucamine, sodium salt
CAS番号 94161-07-6(free acid)
製品コード M323

 容 量
    税込価格
本体価格
500
mg
\21,600
 
\20,000
 
 
C8H16NNaO5S2=293.34
 


ダウンロード

プロトコル

 性 質
MGDは、高水溶性のジチオカルバメート型配位子で、鉄イオン、銅イオンを始め多くの遷移金属イオンと錯体を形成する。
 Laiらは、1984年にカドミウム中毒の解毒剤として報告されていた水溶性のジチオカルバメート(MGD)に着目し、この鉄錯体をNOの検出に応用したところ良い結果を得た。まず、ニトロプルシッドを投与したマウスのin vivo ESRから、体内で発生するNOの検出に成功し、次いでLPS投与下のショック時に産生するNOもin vivo ESRで検出した。MGD-鉄錯体は、高水溶性で生理的条件下でNOを検出でき、溶存酸素が検出感度に影響しないため、優れたNO検出剤と言える。

錯体調整法
 Fe(II)(MGD)2の水溶液中での安定性はそれほど高くないため、錯体溶液は用時調製が必要である。硫酸第一鉄は酸化されやすいので、少なくとも30分間窒素をバブリングした水に溶解し、小分けして凍結保存する。この状態で数ヵ月保存できる。これを、MGDの水溶液あるいはpH7以上のバッファー溶液に、使用直前に添加する。添加量は、MGDと鉄の比が5:1となるように(MGD過剰)加える。尚、MGDは、pH7以下では徐々に分解して二硫化炭素を放出するので注意が必要である。

文書が見つかりません

 
参考文献
1) L. A. Shinobu, S. G. Jones and M. M. Jones, "Sodium N-Methyl-D-glucamine dithiocarbamate and Cadmium in toxication", Acta Pharmacol. Toxicol., 1984, 54, 189.
2) A. Komarov, D. Mattson, M. M. Jones, P. K. Singh and C. S. Lai, "In vivo Spin Trapping of Nitric Oxide in Mice", Biochem. Biophys. Res. Commun., 1993, 195, 1191.
3) 藤井敏司, "鉄2価錯体を用いた内因性NOのESRによる検出", 化学と工業, 1994, 47(10), 1330.
4) C. S. Lai and A. M. Komarov, "Spin Trapping of Nitric Oxide Produced in vivo in Septic-shock Mice", FEBS Lett., 1994, 345, 120.
5) P. Giboreau and C. Morin, "Procedure for the Preparation of Pure Dithiocarbamates", J. Org. Chem., 1994, 59, 1205.
6) B. Kalyanaraman, "Detectionof Nitric Oxide by Electron Spin Resonance in Chemical, Photochemical, Cellular, Physiological, and Pathophysiological Systems", Methods Enzymol., 1996, 268(A), 168.
7) H. Yokoyama, S. Fujii, T. Yoshimura, H. Ohya-Nishiguchi and H. Kamada, "In vivo ESR-CT Imaging of the Liver in Mice Receiving Subcutenous Injection of Nitric Oxide-Bound Iron Complex", Magn. Reson. Imaging., 1997, 15, 249.
8) V. D. Mikoyan, L. N. Kubrina, V. A. Serezhenkov, E. N. Burgova, R. A. Stukan and A. F. Vanin, "Hydrophobic and Hydrophylic Fe2+ Complexes with Derivatives of Dithiocarbamates as a Traps of Nitric Oxide in Mouse Organism", BIOFIZIKA, 1997, 42(2), 490.
9) 藤井博匡, "in vivo ESR法による生体内フリーラジカルの検出", 生化学, 1997, 69(4), 250.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色結晶性粉末で水に溶ける。
(2) 純度(HPLC): 98.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合
 
溶解例
10 mg/ ml(水)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る