トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >04細胞内蛍光プローブ > MQAE

      MQAE
化学名 N-Ethoxycarbonylmethyl-6-methoxyquinolinium bromide
CAS番号 124505-60-8
製品コード M024

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
50
mg
\17,388
 
\16,100
348-06051
 
 
C14H16BrNO3=326.19
 


ダウンロード

プロトコル

 性 質
細胞膜を介する塩素イオンの輸送は、細胞の多くの生理機能に関係し、生物学的に大変重要な研究課題である。ここに紹介するMQAEは高感度蛍光試薬であり、Clによりその蛍光強度が減少する。MQAEのClに対する消光係数は、SPQの約2倍であり、Clの濃度変化に対する感度はSPQよりも優れている。また、MQAEの蛍光波長はλex=355 nm,λem=460 nmで蛍光強度はSPQと同程度であり、0〜50 mmol/lのCl濃度が測定できる。
 さらに、MQAE は高い水溶性と膜透過性を持ち、細胞膜内に容易に導入できる。MQAEの蛍光強度は他の生体内アニオン、pH 等に影響されず[Cl]の変化を蛍光強度で追跡できる。

文書が見つかりません

 
参考文献
1) A. S. Verkman, M. C. Sellers, A. C. Chao, T. Leung and R. Ketcham, "Synthesis and Characterization of Improved Chloride-sensitive Fluorescent Indicators for Biological Applications", Anal. Biochem., 1989, 178, 355.
2) M. Inoue, M. Hara, X.-T. Zeng, T. Hirose, S. Ohnishi, T. Yasukura, T. Uriu, K. Omori, A. Minato and C. Inagaki, "An ATP-driven Cl- Pump Regulates Cl- Concentrations in Rathippocampal Neurons", Neurosci. Lett., 1991, 134, 75.
3) T. Nakamura, H. Kaneko and N. Nishida, "Direct Measurement of Chloride Concentration in Newt Olfactory Receptors with the Fluorescent Probe", Neurosci. Lett., 1997, 237, 5.
 
規格
(1) 性状:本品は、微黄色〜黄色粉末である。
(2) 純度(HPLC): 95.0% 以上
(3) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
3 mg/ml(水:アセトニトリル=1:1)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
04細胞内蛍光プローブ



 
ページの上部へ戻る