トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >07膜タンパク質可溶化剤 > MEGA-8

      MEGA-8
化学名 n-Octanoyl-N-methyl-D-glucamine
CAS番号 85316-98-9
製品コード M014

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
5
g
g

\5,184
\17,712
 
\4,800
\16,400
348-05071
344-05073
 
 
C15H31NO6=321.41
 


ダウンロード

パンフレット


 性 質
非イオン性界面活性剤:cmc=55〜67mmol/l
 膜を可溶化し、そこに保持されている酵素や抗体などを検出するための、界面活性剤の望ましい性質としては、次の点があげられる。
1)電気的に中性であること、2)cmc値が高いこと、3)紫外部の光学的透過性が良いこと、4)化学構造がはっきりしており、高純度なものが合成できること。
 これらの性質を満足するものとして Hildreth は N-D-グルコ-N-メチルアルカンアミド類が、n-Octyl-β-D-glucosideと同様にすぐれた性能を持つことを明らかにしている。

よくあるご質問 
cmcと可溶化
 
参考文献
1) J. E. K. Hildreth, "N-D-Gluco-N-methylalkanamide Compounds, a New Class of Non-ionic Detergents for Membrane Biochemistry", Biochem. J., 1982, 207, 363.
2) M. Okawauchi, M. Hagio, Y. Ikawa, G. Sugihara, Y. Murata and M. Tanaka, "A Light-Scattering Study of Temperature Effect on Micelle Formation of N-Alkanoyl-N-Methylglucamines in Aqueous Solution", Bull. Chem. Soc. Jpn., 1987, 60, 2718.
3) G. Sugihara, M. Hagio, M. Tanaka and Y. Ikawa, "The CMC of the Mixed System of MEGA-9 with MEGA-10 in Water at 30℃", J. Colloid Interface Sci., 1988, 123, 544.
4) G. Sugihara, "Pressure Effect on Micelle Formation in Mixed Systems of Sodium Perfluorooctanoate with Hydrocarbon Surfactants-sodium Dedocyl Sulfate, Sodium Decyl Sulfate and Nonanoyl-N-methylgulcamine", Surfactants in Solution, 1989, 7, 397.
5) V. De Pinto, R. Benz and F. Palmieri, "Interaction of Non-Classical Detergents with the Mitochondrial Porin A New Purification Procedure and Characterization of the Pore-forming Unit", Eur. J. Biochem., 1989, 183, 179.
6) Y. Wada, Y. Ikawa, H. Igimi, Y. Murata, S. Nagadome and G. Sugihara, "Mixed Micelle and Mixed Adsorbed Film Formations of Anionic Fluorocarbon-Nonionic Hydrocarbon Surfactant Mixtures", J. Jpn. Oil Chem. Soc., 1990, 39, 548.
7)R. M. DeVay, L. Dominguez-Ramirez, L. L. Lackner, S. Hoppins, H. Stahlberg and J. Nunnari, "Coassembly of Mgm1 isoforms requires cardiolipin and mediates mitochondrial inner membrane fusion", J. Cell Biol., 2009, 186, 793.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色粉末で吸湿性があり、水に溶ける。
(2) 純度(HPLC): 98.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合 0.020 以下(280 nm)
(4) 融点: 80〜90℃
(5) pH(25℃): 5.0〜8.0
(6) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
0.5 g/50 ml(水)
取扱注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
07膜タンパク質可溶化剤

ページの上部へ戻る