トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬 > 1-Methoxy PMS
10酸化還元系発色試薬
      1-Methoxy PMS
化学名 1-Methoxy-5-methylphenazinium methylsulfate
CAS番号 65162-13-2
製品コード M003

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
100
1
mg
g

\8,100
\50,544
 
\7,500
\46,800
345-04001
341-04003
 
 
C15H16N2O5S=336.36
 


ダウンロード

 性 質
水には容易に溶けて赤色(λmax=505 nm、ε=2.84×103)となり、アルコールにもよく溶けます。NADH-テトラゾリウム系の電子キャリヤーとしては、PMS(フェナジンメトサルフェート)やメルドラブルーが利用されていますが、PMSの欠点は、光に対して非常に不安定で試薬溶液の保存が困難なことです。これに対し、1-Methoxy-PMSの水溶液は、透明なガラス容器に保存しても100日間も変化せず、ルーチンワークには極めてすぐれています。

試薬溶液調製法
25 μmol/L程度となるように本品を秤量し、一定量の水に溶解する。




目的に応じた電子メディエーターを選択
電子メディエーターとして、PMS(フェナジンメトサルフェート)やメルドラブルーが以前より利用されていますが、これらは溶液中での安定性に課題がありました。小社では、光安定性を向上した1-Methoxy PMS をはじめ、中性〜アルカリ環境下で安定な1-MethoxyPES、更にはバイオセンサー分野での使用が期待される酵素へ標識可能な電子メディエーターを取り揃えています。

製品名
PMS
1-Methoxy PMS
1-Methoxy PES
Amine-reactive PES
Thiol-reactive PES
製品コード
取扱いございません
水溶性
光安定性
(水溶液中)
×
pH 安定性
(水溶液中)
標識
×
×
×
NH2
SH 基
酸化還元電位
-
168.0 mV
169.5 mV
173.0 mV
162.5 mV
酸化還元電位は、標準水素電極基準に換算したものを記載しています。

<酸化還元電位の測定条件>
電子メディエーター濃度:1 mmol/L
作用電極:GC(φ3 mm x 55 mm)
対極:Pt (φ0.5 mm x 50 mm)
最大掃引電圧:400 mV
掃引速度:100 mV/sec
溶媒:0.1 mol/L LiCl/DMSO
参照電極:Ag/AgCl (3 mol/L NaCl)
開始電圧:400 mV
最小掃引電圧:-400 mV

よくあるご質問 
バッファー溶液中での酸化還元電位を教えてほしい
 
参考文献
1) R. Hisada and T. Yagi, "1-methoxy-5-methylphenazinium Methyl Sulfate", J. Biochem., 1977, 82, 1469.
2) 八木達彦, "1-メトキシ PMS", Dojin News, 1979, 14, 1.
3) S. Nakamura, K. Arimura, K. Ogawa and T. Yagi, "Use of 1-methoxy-5-methylphenazinium Methyl Sulfate(1-methoxypms) in the Assay of Some Enzymes of Diagnosticimportance", Clin. Chim. Acta,, 1980, 101, 321.
4) R. Hisada, W. Shinkai and T. Yagi, "Photochemical Stabilities and Biochemical Reactivities of Some Derivatives of 5-methylphenazinium methyl Sulfate(Phenazine Methosulfate)", J. Appl. Biochem., 1981, 3, 535.
5) C. J. von Noorden and J. Tas, "The Role of Exogenous Electron Carriers in NAD(P)-dependent Dehydrogenase Cytochemistry Studied in vitro and with a Model System of Polyacrylamide Films", J. Histochem. Cytochem., 1982, 30, 12.
6) H. Tsuge, Y. Kuroda, A. Iwamoto and K. Ohashi, "Partial Purification and Property of Pyridoxine (Pyridoxamine)-5'-phosphate Oxidase Isozymes from Wheat Seedlings", Arch. Biochem. Biophys., 1982, 217, 479.
7) M. Rabinovitch, J. P. Dedet, A. Ryter, R. Robineaux, G. Topper and E. Brunet, "Destruction of Leishmania Mexicana Amazonensis Amastigotes within Macrophages in Culture by Phenazine Methosulfate and Other Electron Carriers", J. Exp. Med., 1982, 155, 415.
8) 田部一弘, 河崎孝男, 前田昌子, 辻章夫, 籔内正彦, "1-メトキシフェナジンメトサルフェート及びイソルミノールを用いる還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの化学発光分析法と生体成分の分析への応用", 分析化学, 1987, 36, 82.
9) 須藤幸夫, 石澤春生, 前田昌子, 辻章夫, "1-メトキシフェナジンメトサルフェート及びイソルミノールによる還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの化学発光を用いる17α-ヒドロキシプロゲステロンの化学発光酵素", 分析化学, 1988, 37, 185.
 
規格
(1) 性状:本品は、暗赤色〜赤紫色粉末であり水に溶ける。
(2) 純度(吸光度): 95.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合
(4) モル吸光係数: 2,700 以上(505 nm付近)
(5) 融点: 170℃ 以上(分解)
(6) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
34 mg/100 ml(水)
取扱注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬
10酸化還元系発色試薬

ページの上部へ戻る