トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >08ラベル化剤 > Fluorescein Labeling Kit - NH2

      Fluorescein Labeling Kit - NH2
化学名
製品コード LK01

 容 量
    税込価格
本体価格
3
samples
\23,976
 
\22,200
【キット内容】
・NH2-Reactive Fluorescein   3 tubes
・WS Buffer             4 ml ×1
・Reaction Buffer         500μl×1
・Filtration Tube          3 tubes

・10 μg抗体(NH2基)への標識はコチラ
 
 
 


ダウンロード

取扱説明書

プロトコル

パンフレット


 性 質
Fluorescein Labeling Kit-NH2は、アミノ基を有するタンパク質、特に抗体へフルオレセインを標識するためのキットである。キット付属のNH2-Reactive Fluorescein は、その分子内に活性エステル基を有しているため、アミノ基を有する分子と混合するだけで安定な共有結合を形成する。イムノグロブリンG(IgG)にフルオレセインを標識する場合、標識反応を阻害するような低分子化合物(トリスなど)や未反応のNH2-Reactive Fluorescein は付属のFiltration Tubeを用いて、容易に除去されるため、透析やゲルろ過などの処理を行う必要がなく、高純度の標識体を高い回収率で得ることができる。フルオレセイン標識IgGの場合、蛍光波長はλex/λem=500/525 nmである。
       本キットには、標識に必要なすべての試薬と作製したフルオレセイン標識体を保存するための溶液が含まれている。
       
      特 長
      1) 約2時間でフルオレセイン標識体が調製できる。
      2) 分子量50,000以上のタンパク質が標識できる。
      3) 50〜200 μgのタンパク質を標識可能である。
      4) Filtration Tubeを用いた分離操作により高い収率で標識体が得られる。
      5) 付属の保存溶液でフルオレセイン標識体の保存ができる。

      *使用方法はプロトコルP-9「蛍光色素を標識したい」をご覧下さい。試料中の共存物質の影響についてはその中の「使用上の注意」の項を参照してください。
      *市販の抗体などでゼラチンやアルブミン等を安定化剤として含む場合、それらの成分を除いてからご使用ください。
      NH2-Reactive Fluoresceinは、アルミラミジップに3本入っています。アルミラミジップを一旦開封した後は、
      未使用のNH2-Reactive Fluoresceinは、アルミラミジップに入れたまま、チャックをしっかりと閉め、-20℃で保存してください。
      NH2-Reactive Fluorescein以外は、0〜5℃で保存してください。
      冷蔵保存中もしくは室温に戻した際に、フィルトレーションチューブに水滴様の液粒が見られることがあります。
        これはメンブランの乾燥防止剤が液粒化したもので、製品の性能に問題はございません。
<キット以外に必要なもの>
      ・10 μl, 200 μl マイクロピペッター ・インキュベーター(37℃)
       ・マイクロチューブ(標識体保存用) ・遠心機(マイクロチューブ用) ・DMSO


      反応原理









      操作方法



よくあるご質問 
Labeling Kitで1次抗体を直接標識する利点を教えてください。
サンプル中の共存物
低分子のタンパク質(分子量50,000以下)に標識する場合の方法を教えて下さい。
標識後、フィルトレーションチューブを遠心してもメンブレン上に液が残る。
標識対象
標識率の算出式
 
参考文献
1) M. Hiyoshi, S. Suzu, Y. Yoshidomi, R. Hassan, H. Harada, N. Sakashita, H. Akari, K. Motoyoshi and S. Okada, "Interaction between Hck and HIV-1 Nef Negatively Regulates Cell Surface Expression of M-CSF Receptor", Blood, 2008, 111(1), 243.
2) W. Aung, A. Tsuji, H. Sudo, A. Sugyo, T. Furukawa, Y. Ukai, Y. Kurosawa and T. Saga, "Immunotargeting of Integrin α6β4 for Single-Photon Emission Computed Tomography and Near-Infrared Fluorescence Imaging in a Pancreatic Cancer Model", Molecular Imaging, 2016, 15, 1.
3) A. Shinya, K. Yamamoto, M. Kurata, S. Abe-Suzuki, R. Horii, F. Akiyama and M. Kitagawa, "Targeting MCM2 function as a novel strategy for the treatment of highly malignant breast tumors", Oncotarget., 2015, 6, (33), 34892.
4) K.M. Nishida, T.N. Okada, T. Kawamura, T. Mituyama, Y. Kawamura, S. Inagaki, H. Huang, D. Chen, T. Kodama, H. Siomi and M.C. Siomi, "Functional involvement of Tudor and dPRMT5 in the piRNA processing pathway in Drosophila germlines", EMBO J.., 2009, 28, (24), 3820.
5) P.G. Sreekumar, R. Kannan, M. Kitamura, C. Spee, E. Barron, S.J. Ryan and D.R. Hinton, "αB crystallin is apically secreted within exosomes by polarized human retinal pigment epithelium and provides neuroprotection to adjacent cells", PLoS ONE., 2010, 5, (10), e12578.
6) R. Asano, T. Kumagai, K. Nagai, S. Taki, I. Shimomura, K. Arai, H. Ogata, M. Okada, F. Hayasaka, H. Sanada, T. Nakanishi, T. Karvonen, H. Hayashi, Y. Katayose, M. Unno, T. Kudo, M. Umetsu and I. Kumagai, "Domain order of a bispecific diabody dramatically enhances its antitumor activity beyond structural format conversion: the case of the hEx3 diabody", Protein Eng. Des. Sel.., 2013, 26, (5), 359.
7) R. Asano, I. Shimomura, S. Konno, A. Ito, Y. Masakari, R. Orimo, S. Taki, K. Arai, H. Ogata, M. Okada, S. Furumoto, M. Onitsuka, T. Omasa, H. Hayashi, Y. Katayose, M. Unno, T. Kudo, M. Umetsu and I. Kumagai, "Rearranging the domain order of a diabody-based IgG-like bispecific antibody enhances its antitumor activity and improves its degradation resistance and pharmacokinetics", MAbs., 2014, 6, (5), 1243.
8) R. Asano, K. Ikoma, I. Shimomura, S. Taki, T. Nakanishi, M. Umetsu and I. Kumagai, "Cytotoxic enhancement of a bispecific diabody by format conversion to tandem single-chain variable fragment (taFv): the case of the hEx3 diabody", J. Biol. Chem.., 2011, 286, (3), 1812.
9) T. Toyotome, M. Yamaguchi, A. Iwasaki, A. Watanabe, H. Taguchi, L. Qin, H. Watanabe and K. Kamei, "Fetuin A, a serum component, promotes growth and biofilm formation by Aspergillus fumigatus", Int. J. Med. Microbiol.., 2012, 302, (2), 108.
10) W. Ma, V. Schubert, M. M. Martis, G. Hause, Z. Liu, Y. Shen, U. Conrad, W. Shi, U. Scholz, S. Taudien, Z. Cheng and A. Houben, "The distribution of α-kleisin during meiosis in the holocentromeric plant Luzula elegans", Chromosome Res.., 2016, 24, (3), 393.
11) Y. Yokoi, K. Nakamura, T. Yoneda, M. Kikuchi, R. Sugimoto, Y. Shimizu and T. Ayabe, "Paneth cell granule dynamics on secretory responses to bacterial stimuli in enteroids", Sci. Rep.., 2019, 9, 2710.
12) Y.J. Lee, S.R. Han, N.Y. Kim, S.H. Lee, J.S. Jeong and S.W. Lee, "An RNA aptamer that binds carcinoembryonic antigen inhibits hepatic metastasis of colon cancer cells in mice", Gastroenterology., 2012, 143, (1), 155.
13) C. F.O.Hoya, K. Kushiro, Y. Yamaoka, A. Ryo and M. Takai, "Rapid multiplex microfiber-based immunoassay for anti-MERS-CoV antibody detection", Sens Biosensing Res., 2019,10.1016/j.sbsr.2019.100304.
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵, 2.吸湿注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
(開発元:Dojindo Molecular Technologies, Inc.) 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
08ラベル化剤


 
ページの上部へ戻る