トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > Liperfluo

Liperfluo
化学名 N-(4-Diphenylphosphinophenyl)-N'-(3,6,9,12-tetraoxatridecyl)perylene-3,4,9,10-tetracarboxydiimide
CAS番号 1448846-35-2
製品コード L248

 容 量
    税込価格
本体価格
50
μgx5
\21,600
 
\20,000
 
 
 
C51H41N2O8P=840.85
 


ダウンロード


取扱説明書

プロトコル

 
規格
性状:本品は、暗赤色結晶性粉末又は固体である。
(2) 純度(HPLC): 90.0% 以上
(3) NMRスペクトル: 試験適合
 
溶解
0.8mg /1ml ジメチルスルホキシド
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵,遮光, 2.窒素置換
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
性 質
Liperfluo は、Spy-LHP の類似化合物で、過酸化脂質検出用の試薬であり、過酸化脂質で特異的に酸化されエタノール等の有機溶媒中で強い蛍光を発する(図1,2)。Liperfluo 酸化体の励起波長および蛍光波長はそれぞれ524 nm、535 nm で、測定試料への光によるダメージや試料由来の自家蛍光の影響を軽減できる。本試薬は、ジイソキノリン環の片方にテトラエチレングリコール基が導入されたもので、Spy-LHP よりも水系バッファー中での分散性が向上している。Liperfluo 酸化体は水中ではほとんど蛍光を発しないが、細胞膜等の脂溶性の高い部位では蛍光性となることから、容易に蛍光顕微鏡による生細胞の過酸化脂質のイメージングやフローサイトメトリーによる細胞の過酸化脂質量の分析に使用することができる。

特長
1) 細胞の過酸化脂質のイメージングや検出ができる
2) 長波長励起のため、細胞への光ダメ―ジや自家蛍光の影響を軽減できる
3) 過酸化脂質特異性が高い
 
過酸化脂質によるLiperfluoの励起および蛍光スペクトル変化

図1  過酸化脂質によるLiperfluoの励起および蛍光スペクトル変化(エタノール溶媒中)


Liperfluoの活性酸素種に対する反応選択性

図2  Liperfluoの活性酸素種に対する反応選択性


SH-SY5Y 細胞における各種薬剤刺激による過酸化脂質イメージング操作手順
・使用細胞:SH-SY5Y
 6 well Plateに播種(60x105 cell/well)
 ↓終夜(37℃, CO2インキュベート)
・LjperfluoのDMSO溶液を添加(終濃度:20 μM)
 ↓15min (37℃, CO2インキュベート)
・Cumene添加(終濃度:100 μM)
 ↓2h (37℃, CO2インキュベート)
・蛍光顕微鏡で測定
 装置:Olympus IX-71 epifluorescent microscope)
 ミラーユニット:U-MNIBA3
 露光時間:10sec
 lSO感度:800

図3 SH-SY5Y 細胞における各種薬剤刺激による過酸化脂質イメージング
   薬剤による酸化ストレス刺激により明確な蛍光増加が確認できる。
  Control、 Cumene それぞれの蛍光及び明視野画像。

 

過酸化脂質の共焦点顕微鏡イメージング操作手順
・使用細胞:L929細胞(マウス繊維芽細胞由来培養細胞株)
 35 mmガラスボトムディッシュに播種(2.5x105 cell/well)
 ↓一昼夜培養(37℃, CO2インキュベート)
・培地除去後、Liperfluoを含む新しい培地を添加(終濃度:1 μM)
 ↓30 min(37℃, CO2インキュベート)
・培地除去後、t-BHPを含む新しい培地を添加(終濃度:250 μM)
 ↓2 h(37℃, CO2インキュベート)
・共焦点レーザー顕微鏡にて観察
  装置:Zeiss LSM510META
  フィルターセット:FITC(GFP, Alexa488)wide filter
           HFT UV/488
           NFT490
           BP505-550

図4 生細胞を用いた過酸化脂質の共焦点顕微鏡イメージング
     

Q&A 
Spy-LHPとの違い
使用できる励起フィルター、レーザーの波長は?
培地の影響や、蛍光が弱いときの改善方法
浮遊細胞と付着細胞のどちらでも使用可能?
 
参考文献
1) N. Soh, T. Ariyoshi, T. Fukaminato, H. Nakajima, K. Nakano and T. Imato, "Swallow-tailed Perylene Derivative: a new Tool for Fluorescent Imaging of Lipid Hydroperoxides", Org. Biomol. Chem., 2007, 5, 3762.
2) K. Yamanaka, Y. Saito, J. Sakiyama, Y. Ohuchi, F. Oseto and N. Noguchi, "A Novel Fluorescent Probe with High Sensitivity and Selective Detection of Lipid Hydroperoxides in Cells", RSC Adv., 2012, 2, (20), 7894.
3) V. E. Kagan, G. W. Mao, F. Qu, J. P. F. Angeli, S. Doll, C. S. Croix, H. H. Dar, B. Liu, V. A. Tyurin, V. B. Ritov, A. A. Kapralov, A. A. Amoscato, J. Jiang, T. Anthonymuthu, D. Mohammadyani, Q. Yang, B. Proneth, J. K. Seetharaman, S. Watkins, I. Bahar, J. Greenberger, R. K. Mallampalli, B. R. Stockwell, Y. Y. Tyurina, M. Conrad and H. Bayır, "Oxidized arachidonic and adrenic PEs navigate cells to ferroptosis", Nature Chemical Biology., 2017, 13, (1), 81.
4)Y. Nakashima, S. Ohta, A. M. Wolf, "Blue light-induced oxidative stress in live skin.", Free Radical Biology and Medicine., 2017, 108, 300.
5) M. Tsugita, N. Morimoto and M. Nakayama, "SiO2 and TiO2 nanoparticles synergistically trigger macrophage inflammatory responses", Particle and Fibre Toxicology., 2017, DOI 10.1186/s12989-017-0192-6.
6) K. Iuchi, A. Imoto, N. Kamimura, K. Nishimaki, H. Ichimiya, T. Yokota and S. Ohta, "Molecular hydrogen regulates gene expression by modifying the free radical chain reactiondependent generation of oxidized phospholipid mediators", Scientific Reports., 2016, DOI: 10.1038/srep18971.
7) A. J. Clark, and H. R. Petty., "WO3/Pt nanoparticles promote light-induced lipid peroxidation and lysosomal instability within tumor cells.", Nanotechnology., 2016, 27, (7), 075103.
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る