トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >05細胞染色用色素 > -Cellstain- Hoechst 33342 solution
03分子生物学関連試薬
      -CellstainR- Hoechst 33342 solution
化学名 2'-(4-Ethoxyphenyl)-5-(4-methyl-1-piperazinyl)-2,5'-bi-1H-benzimidazole, trihydrochloride, solution
CAS番号 23491-52-3(Hoechst 33342:free base)
製品コード H342

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
ml
\5,184
 
\4,800
346-07951
 
 
C27H31Cl3N6O=561.93
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
    1 mg/ml H2O
    核染色剤として一般的に用いられるHoechst 33342を使いやすいように溶液にした製品である。
    Hoechst 33342は生細胞に取り込まれ、DNAのAT配列の副溝に結合する蛍光色素であり、染色体分析などにも用いられる。
     本製品は変異原性があるため、溶液タイプとして製品化した。秤量する時の実験室内への粉末の飛散を防ぎ使いやすくなっている。

    蛍光特性:
    Hoechst 33342 λex=352 nm, λem=461 nm

よくあるご質問 
Hoechstの違い
核染色剤の違いは?
蛍光波長
使用例
 
参考文献
    1) M. J. Lydon, K. D. Keeler and D. B. Thomas, "Vital DNA Staining and Cell Sorting by Flow Microfluorometry", J. Cell Physiol., 1980, 102(2), 175.
    2) M. Sriram, van der G. A. Marel, H. L. Roelen, van J. H. Boo and A. H. Wang, "Structural Consequences of a Carcinogenic Alkylation Lesion on DNA: Effect of O6-ethylguanine on the Molecular Structure of the d(CGC[e6G]AATTCGCG)-netropsin Complex", Biochemistry, 1992, 31(47), 11823.
    3) Y. Tadokoro, K. Yomogida, Y. Yagura, S. Yamada, M. Okabe and Y. Nishimune, "Characterization of Histone H2A.X Expression in Testis and Specific Labeling of Germ Cells at the Commitment Stage of Meiosis with Histone H2A.X Promoter-Enhanced Green Fluorescent Protein Transgene", Biol. Reprod., 2003, 69, 1325.
    4) F. Wada, A. Ogawa, Y. Hanai, A. Nakamura, M. Maki and K. Hitomi, "Analyses of Expression and Localization of Two Mammalian-Type Transglutaminases in Physarum polycephalum, an Acellular Slime Mold", J. Biochem.(Tokyo), 2004, 136, 665.
    5) M. Oka, N. Kobayashi, K. Matsumura, M. Nishio and K. Saeki, "Exogenous Cytokine-Free Differentiation of Human Pluripotent Stem Cells into Classical Brown Adipocytes", Cells., 2019, 8, (4), 373.
 
規格
(1) 性状:本品は、黄色液体である。
(2) 含量: 試験適合
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
05細胞染色用色素
03分子生物学関連試薬


 
ページの上部へ戻る