トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >10酸化還元系発色試薬 > p-HBC

      p-HBC
化学名 p-Hydroxybenzoylcholine iodide
CAS番号 81947-42-4
製品コード H324

 容 量
    税込価格
本体価格
1
g
\7,128
 
\6,600
 

 
C12H18INO3=351.18
 


ダウンロード

 性 質
p-HBCはコリンエステラーゼ活性を測定するための基質である。p-HBCはコリンエステラーゼにより加水分解され、コリンとp-ヒドロキシ安息香酸を生成する(第一反応)。次いでp-ヒドロキシ安息香酸はNADPHの存在下、4-ヒドロキシ安息香酸水酸化酵素によりプロトカテキュ酸に変換される(第二反応)。このとき酸化されるNADPHの340 nmにおける吸光度の減少よりコリンエステラーゼ活性を測定する。第二反応の進行に伴って生ずるプロトカテキュ酸の蓄積は主反応の吸光度測定に正誤差を与えるので、プロトカテキュ酸酸素添加酵素を反応液に共存させて測定系から除去する。
 
p-HBCは、水に対する溶解性が良好な上、コリンエステラーゼの至適pHにおいても基質安定性がよいため、再現性よく測定できる。また、p-HBCを基質として使用したコリンエステラーゼ活性測定法は反応機序が明確で、検出系にNADPHを用いたUV法であるためモル吸光係数による計測が可能であり、ビリルビン、アスコルビン酸およびグルタチオンなどの還元物質の影響を受けることがない。

よくあるご質問 
使用方法
 
参考文献
1) 内藤正宏, 本永秀夫, 山崎喜三郎, 斉藤嘉禎, 杉山正巳, 芦原義弘, 笠原靖,"新合成基質p-ヒドロキシベンゾイルコリンを使用した血清pseudo-cholinesteraseの測定法", 第二回臨床化学夏期セミナープログラム集1982, 79
2)
日本臨床化学会、甲信越、中国支部酵素委員会, "酵素活性測定に関する日本臨床化学会勧告法 ヒト血清コリンエステラーゼ活性勧告法"(案), 臨床化学, 1996, 25(T), 15.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色結晶性粉末で、水、メタノール、ジメチルホルムアミド及びジメチルスルホキシドに溶ける。
(2) 純度(HPLC): 97.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合
(4) モル吸光係数: 15,700 以上(258 nm付近)
(5) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
50 mg/100 ml (水)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
10酸化還元系発色試薬



 
ページの上部へ戻る