トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >11イオン電極用試薬 > HDOPP-Ca

HDOPP-Ca
化学名 Bis(4-n-octylphenyl)phosphate, calcium salt
CAS番号 52813-66-8
製品コード H003

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
g
\28,296
 
\26,200
340-04931
 

 
C56H84CaO8P2=987.29
 


ダウンロード

プロトコル

 性 質
PVC 膜カルシウムイオン電極用素子である。
 ジアルキルリン酸のカルシウム塩を感応素子とする液膜型カルシウムイオン電極は、Rossにより考案され広く市販されるようになった。その後、Thomas, Moodyらによって固形のPVC膜型へと発展している。カルシウムイオンセンサーの液状イオン交換体としては、ジオクチルフェニルリン酸カルシウムが優れていると言われている。PVC膜センサーの可塑剤にはジオクチルフェニルホスホネート(DOPP)が用いられる。

文書が見つかりません

 
参考文献
1) J. W. Ross, "Calcium-Selective Electrode with Liquid Ion Exchanger", Science, 1967, 156, 1378.
2) J. Ruzicka, E. H. Hansen and J. Chr. Tjell, "Selectrode - The Universal Ion-selective Electrode Part VI. The Calcium(II) Selectrode Employing a New Ionexchanger in a Nonporous Membrane and a Solid-state Reference System", Anal. Chim. Acta, 1973, 67, 155.
3) H. M. Brown, J. P. Pemberton and J. D. Owen, "A Calcium-sensitive Microelectrode Suitable for Intracellular Measurement of Calcium(II) Activity", Anal. Chim. Acta, 1976, 85, 261.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色粉末である。
(2) テトラヒドロフラン溶状: 試験適合
(3) モル吸光係数: 3,600 以上(270 nm付近)
(4) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
2 mg/10 ml(熱テトラヒドロフラン)
取扱注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
11イオン電極用試薬


ページの上部へ戻る