トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >09二価性試薬 > GMBS

      GMBS
化学名 N-(4-Maleimidobutyryloxy)succinimide
CAS番号 80307-12-6
製品コード G005

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
50
100
mg
mg

\11,232
\19,008
 
\10,400
\17,600
347-05041
343-05043
 
 
C12H12N2O6=280.23
 


ダウンロード

取扱説明書

プロトコル

パンフレット


 性 質
    GMBSは二官能性の架橋試薬である。ハプテンと担体タンパク質(BSAなど)との結合反応や、酵素標識体を調製する際に利用される。構造はマレイミド、ヒドロキシスクシンイミジルエステル型で、アミノ基に対しては活性エステルであるヒドロキシスクシンイミジルエステル基が反応し、SH基とはマレイミド基が選択的に反応する。
     薬剤検出用の抗血清を得るために、抗がん剤をBSAに結合するためにもGMBSが用いられている。ネオカルチノスタチン(NCS)をGMBSでβ-D-ガラクトシダーゼで標識し、10−15 molレベルの血清中NCSのモニタリングを可能としている。ドラッグキャリヤーとしてのリポソームに標的指向性を持たせるために、GMBSによるモノクローナル抗体の結合も試みられている。

    操作方法は、プロトコル「抗体に標識したい(架橋剤)」をご覧下さい。


文書が見つかりません

 
参考文献
    1) S. Yoshitake, Y. Yamada, E. Ishikawa and Rene Masseyeff, "Conjugation of Glucose Oxidase from Aspergillus Niger and Rabbit Antibodies Using N-Hydroxysuccinimide Ester of N-(4-Carboxycyclohexylmethyl)-Maleimide", Eur. J. Biochem., 1979, 101, 395.
    2) H. Tanimori, T. Kitagawa, T. Tsunoda and R. Tsuchiya, "Enzyme Immunoassay of Neocarzinostain Using β-Galactosidase as Label", J. Pharm. Dyn., 1981, 4, 812.
    3) K. Fujiwara, M. Yasuno and T. Kitagawa, "Novel Preparation Method of Immunogen for Hydrophobic Hapten, Enzyme Immunoassay for Daunomycin and Adriamycin", J. Immunol. Methods, 1981, 45, 195.
    4) T. Miura, H. Kouno and T. Kitagawa, "Detection of Residual Penicillin in Milk by Sensitive Enzyme Immunoassay", J. Pharm. Dyn., 1981, 4, 706.
    5) S. Yoshitake, M. Imagawa, E. Ishikawa, Y. Niitsu, I. Urushizaki, M. Nishiura, R. Kanazawa and H. Ogawa, "Mild and Efficient Conjugation of Rabbit Fab' and Horseradish Peroxidase Using a Maleimide Compound and Its Use for Enzyme Immunoassay", J. Biochem., 1982, 92, 1413.
    6) T. Kitagawa, H. Tanimori, K. Yoshida, H. Asada, T. Miura and K. Fujiwara, "Studies on Viomycin. XV. Comparative Study on the Specificities of Two Anti-viomycin Antisera by Enzyme Immunoassay", Chem. Pharm. Bull., 1982, 30, 2487.
    7) T. Kitagawa, T. Kawasaki and H. Munechika, "Enzyme Immunoassay of Blasticidin S with High Sensitivity:A New and Convenient Method for Preparation of Immunogenic(Hapten-Protein) Conjugates", J. Biochem., 1982, 92, 585.
    8) 北川常廣, "酵素免疫測定法の開発と応用", 臨床病理, 1982, 30, 377.
    9) 北川常廣, "選択的な蛋白の修飾法と応用", ファルマシア, 1983, 19, 781.
    10) 北川常廣, "蛋白質の選択的な化学修飾法における最近の進歩", 有機合成化学, 1984, 42, 283.
    11) J. Sunamoto, T. Sato, M. Hirota, K. Fukushima, K. Hiratani and K. Hara, "A Newly Developed Immunoliposome - an Egg Phosphatidylcholine Liposome Coated with Pullulan Bearing Both a Cholesterol Moiety and an IgMs Fragment", Biochim. Biophys. Acta, 1987, 898, 323.
    12) K. Fujiwara, N. Matsumoto, S. Yagisawa, H. Tanimori, T. Kitagawa, M. Hirota, K. Hiratani, K. Fukushima, A. Tomonaga, K. Hara and K. Yamamoto, "Sandwich Enzyme Immunoassay of Tumor-associated Antigensialosylated Lewis Using β-D-Galactosidasecoupled to a Monoclonal Antibody of IgM Isotype", J. Immunol. Methods, 1988, 112, 77.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色粉末である。
(2) 純度(HPLC): 95.0%以上
(3) クロロホルム溶状: 試験適合
(4) ジメチルホルムアミド溶状: 試験適合
(5) 融点: 124〜132℃
(6) IRスペクトル: 試験適合
(7) NMRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
    50 mg/5 ml(クロロホルム)、50 mg/5 ml(ジメチルホルムアミド)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
09二価性試薬


 
ページの上部へ戻る