トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >05細胞染色用色素 > -Cellstain- FDA

      -CellstainR- FDA
化学名 Fluorescein diacetate
CAS番号 596-09-8
製品コード F209

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
mg
\5,184
 
\4,800
348-07411
 
 
C24H16O7=416.38
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
Fluorescein diacetate(FDA)は1966年、Rotmanらにより生細胞のみを蛍光染色する染色剤として報告されている。FDAが細胞内に取り込まれると、細胞内の各種酵素により加水分解され蛍光性のFluoresceinとなることから生細胞が蛍光染色される。FDAは生細胞蛍光染色色素として、蛍光顕微鏡下での形態観察、PIなどの核染色色素とともに二重染色に使用されている。また、フローサイトメトリーへの応用は、Hulettらにより1969年に行われて以来、数多く行われている。

蛍光特性:λex=488 nm, λem=530 nm

【注意】
本品は、通常、チューブ底面にフィルム状に付着した状態となっております。
稀に、輸送中の振動等により本品がチューブ底面から外れ、チューブ壁面やキャップ裏に付着している場合がございます。
内容物を下に落としてから開封をしてご使用ください。
ご不明な点がございましたら、小社カスタマーリレーション部までお問合せください。(Free Dial:0120-489-548)

よくあるご質問 
蛍光波長
使用方法
 
参考文献
1) B. Rotman and B. W. Papermaster, "Membrane Properties of Living Mammalian Cells as Studied by Enzymatic Hydrolysis of Fluorogenic Esters", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 1966, 55, 134.
2) H. R. Hulett, W. A. Bonner, J. Barrett and L. A. Herzenberg, "Cell Sorting: Automated Separation of Mammalian Cells as a Function of Intercellular Fluorescence", Science, 1969, 166, 747.
3) K. H. Jones and J. A. Senft, "An Improved Method to Determine Cell Viability by Simultaneous Staining with Fluorescein Diacetate-Propidium Iodide", J. Histochem. Cytochem., 1985, 33, 77.
4) K. McGinnes, G. Chapman, R. Marks and R. Penny, "A Fluorescence NK Assay Using Flow Cytometry", J. Immunol. Methods, 1986, 86, 7.
5) W. M. J. Vuist, F. V. Buitenen, M. A. De Rie, A. Hekman, P. Ruemke and C. J. M. Melief, "Potentiation by Interleukin 2 of Burkitt's Lymphoma Therapy with Anti-Pan B (Anti-CD19) Monoclonal Antibodies in a Mouse Xenotransplantation Model", Cancer Res., 1989, 49, 3783.
6) E. Prosperi, "Intracellular Turnover of Fluorescein Diacetate. Influence of Membrane Ionic Gradients on Fluorescein Efflux", Histochem. J., 1990, 22, 227.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色結晶性粉末又は固体でジメチルスルホキシドに溶ける。
(2) ジメチルスルホキシド溶状: 試験適合
(3) NMRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
1 mg/0.5 ml(ジメチルスルホキシド)
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
05細胞染色用色素



 
ページの上部へ戻る