トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >08ラベル化剤 > FITC-I

      FITC-I
化学名 Fluorescein-4-isothiocyanate
CAS番号 3326-32-7
製品コード F007

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
100
500
mg
mg

\8,208
\32,184
 
\7,600
\29,800
349-03661
343-03664
 
 
C21H11NO5S=389.38
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
Fluoresceinisothiocyanate isomer-I(FITC,FTC)は、蛍光試薬Fluoresceinにアミノ基反応性であるNCS基を結合させたもので、水に溶けて強い黄緑色蛍光(λex=495 nm、λem=520 nm)を発する。密閉容器に遮光し湿気を遮って冷所に保存する。アミノ基と容易に反応するので、アミノ酸、ペプチド、タンパク質、酵素、ホルモン、多糖類、細菌、原虫、真菌、ウィルス、リケッチアなどの蛍光ラベルに適し、これらによって引きおこされる膠原病や、梅毒、抗核抗体などの蛍光抗体法による診断に利用される。

よくあるご質問 
使用例
 
参考文献
1) 川村明義, "蛍光抗体法(fluorescent antibody technique), 免疫の生化学", 共立出版, 1996.
2) H. Kawaguchi, K. Tuzimura, H. Maeda and N. Ishida, "Reaction of Fluorescein-isothiocyanate with Proteins and Amino Acids", J. Biochem., 1969, 66, 783.
3) H. Maeda, N. Ishida, H. Kawauchi and K. Tuzimura, "Reaction of Fluorescein-Isothiocyanate with Proteins and Amino Acids", J. Biochem., 1969, 65, 777.
4) W. B. Cherry, "Evaluation of Commercial Fluorescein Isothiocyanates Used in Fluorescent Antibody Studies", Stain Technology, 1969, 44, 179.
5) 川村明義, 和田計二, 浜島健治, 村田道里, "蛍光抗体法における観察法とその進歩", 臨床検査, 1973, 17, 28.
6) 村本光二, 目黒煕, "けい光によるペプチドの構造解析の超微量化の試み", ぶんせき, 1979, 821.
7) G. Radcliff, R. Waite, J. Lefevre, M. D. Poulik and D. M. Callewaert, "Quantification of Effector/Target Conjugation Involving Natural Killer(NK) or Lymphokine Activated Killer(LAK) Cells by Two-color Flow Cytometry", J. Immunol. Methods, 1991, 139, 281.
8) C. Souchier, M. Ffrench, M. Benchaib, R. Catallo and P. A. Bryon, "Methods for Cell Proloferation Analysis by Fluorescent Image Cytometry", Cytometry, 1995, 20, 203.
 
規格
(1) 性状:本品は、黄橙色粉末である。
(2) 純度(HPLC): 95.0% 以上
(3) アセトン溶状: 試験適合
(4) モル吸光係数: 80,000 以上(492 nm付近)
(5) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
100 mg/10 ml(アセトン)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
08ラベル化剤



 
ページの上部へ戻る