トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >09二価性試薬 > DSP

DSP
化学名 Dithiobis(succinimidyl propionate)
CAS番号 57757-57-0
製品コード D629

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
g
\32,832
 
\30,400
345-09121
 
 
C14H16N2O8S2=404.42
 


ダウンロード

取扱説明書

パンフレット


 性 質
アミノ基同士の架橋反応が可能な試薬である。N-ヒドロキシスクシンイミド活性エステルを分子の両端に有しており、アミノ基に対して選択的に反応するため、酵素標識体の調製や単純ハプテンを担体タンパク質に結合することが可能である。BS3はリンカー部分にアルキル鎖を有する化学構造をとる。一方、DSPおよびDTSSPは、リンカー部位にジスルフィド基が導入されていることで還元剤により容易に還元されリンカー部位の切断が可能である。また、BS3およびDTSSPは、スルホン酸基を有する活性エステル基が導入されているため、試薬を溶解するためのDMFやDMSOなど有機溶媒を用いることなく標識反応を行うことが可能である。


文書が見つかりません

 
参考文献
1) P. F. Pilch and M. P. Czech, "Interaction of Cross-linking Agents with the Insulin Effector System of Isolated Fat Cells", J. Biol. Chem., 1979, 254(9), 3375.

2) M. A. Gosselin, W. Guo and R. J. Lee, "Efficient Gene Transfer Using Reversibly Cross-linked Low Molecular Weight Polyethylenimine", Bioconjugate Chem., 2001, 12, 989.

3) M. A. Gosselin, W. Guo and R. J. Lee, "Incorporation of Reversibly Cross-linked Polyplexes into LPDII Vectors for Gene Delivery", Bioconjugate Chem., 2002, 13, 1044.

4) P.-Y. Zeng, C. R. Vakoc, Z.-C. Chen, G. A. Blobel and S. L. Berger, "In vivo dual Cross-linking for Identification of Indirect DNA-Associated Proteins by Chromatin Immunoprecipitation", BioTechniques, 2006, 41(6), 694.

5) S. Santra, C. Kaittanis, O. J. Santiesteban and J. M. Perez, "Cell-Specific, Activatable, and Theranostic Prodrug for Dual-Targeted Cancer Imaging and Therapy", J. Am. Chem. Soc., 2011, 133, 16680.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜殆ど白色粉末でクロロホルム、ジメチルスルホキシド及びジメチルホルムアミドに溶ける。
(2) 純度(HPLC): 95.0% 以上
(3) ジメチルホルムアミド溶状: 試験適合
 
溶解例
10 mg/ml(ジメチルスルホキシド), 10 mg/ml(ジメチルホルムアミド)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵, 2.吸湿注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
09二価性試薬



 
ページの上部へ戻る