トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > 3-Deoxyglucosone Detection Reagents

      3-Deoxyglucosone Detection Reagents
化学名
製品コード D536

 容 量
    税込価格
本体価格
1
set
\28,620
 
\26,500


ダウンロード

 性 質
本製品はDAN 10 mg x1 本と、3-DG/DAN adduct 1mg x 1 本を含むセット品である。

生体内に存在する3-Deoxyglucosone(3-DG)の高感度定量が可能である。生体内3-DGの検出法は現在、HPLCによる方法1,2)とMSによる方法3-7)が用いられているが、特にHPLC法では3-DGの反応性を利用して2,3-Diaminonaphthalene(DAN)と反応させ、生じた蛍光付加体を検出する方法が知られている8)。本品はDANと3-DG/DAN adductをセットにしたものである。3-DG/DAN adductは3-DGとDANが縮合反応して生成する蛍光性物質で、3-DGのHPLC分析の際に検量線作成用の標準物質として使用する。
 ヒト血漿での3-DG検出例においては、糖尿病患者では31.8±11.3 ng/mlと健常人12.8±5.2 ng/mlに比べて顕著に高値を示し、さらに血漿3-DGレベルは血漿グルコース及びHbA1cのレベルと良い相関を示すことが報告されている2)。糖尿病モデルラット血漿では918 nmol/l、コントロールで379 nmol/lと糖尿病で高値を示していたものの、蛋白糖化反応を阻害するアミノグアニジンを投与する(50 mg/kg/day)と、3週間後の血漿3-DG値は695 nmol/lと増加が抑制されていたと報告がある1)。本製品を用いて生体内3-DGの定が可能であり、糖尿病合併症の病態および成因解析に応用できる。

文書が見つかりません

 
参考文献
1) H. Yamada, S. Miyata, N. Igaki, H. Yatabe, Y. Miyauchi, T. Ohara, M. Sakai, H. Shoda, M. Oimomi and M. Kasuga, "Increase in 3-Deoxyglucosone Levels in Diabetic Rat Plasma", J. Biol. Chem., 1994, 269(32), 20275.
2) Y. Hamada, E. Nakashima, J. Nakamura, N. Koh, H. Fujisawa, N. Hotta and H. Yago, "Effects of Glycemic Control on Plasma 3-Deoxyglucosone Levels in NIDDM Patients", Diabetes Care, 1997, 20, 1466.
3) T. Niwa, N. Takeda, H. Yoshizumi, A. Tatematsu, M. Ohara, S. Tomiyama and K. Niimura, "Presence of 3-Deoxyglucosone, a Potent Protein Crosslinking Intermediate of Maillard Reaction, in Diabetic Serum", Biochem. Biophys. Res. Commun., 1993, 196, 837.
4) K. J. Knecht, M. S. Feather and J. W. Baynes, "Detection of 3-Deoxyfructose and 3-Deoxyglucosone in Human Urine nd Plasma: Evidence for Intermediate Stages of the Maillard Reaction in Vivo", Arch. Biochem. Biophys., 1992, 294, 130.
5) T. Niwa, T. Katsuzaki, S. Miyazaki, T. Momoi, T. Akiba, T. Miyazaki, K. Nokura, F. Hayase, N. Tatemichi and Y. Takei, "Amyloid Beta 2-Microglobulin is Modified with Imidazolone, a Novel Advanced Glycation end Product, in Dialysis-related Amyloidosis", Kidney Int., 1997, 51, 187.
6) S. Lal, F. Kappler, M. Walker, T. J. Orchard, P. J. Beisswenger, B. S. Szwergold and T. R. Brown, "Quantitation of 3-Deoxyglucosone Levels in Human Plasma", Arch. Biochem. Biophys., 1997, 342, 254.
7) T. Niwa, T. Katsuzaki, T. Momoi, T. Miyazaki, H. Ogawa, A. Saito, S. Miyazaki, K. Maeda, N. Tatemichi and Y. Takei, "Modification of Beta2m with Advanced Glycation End Products as Observed in Dialysis-related Amyloidosis by 3-DG Accumulating in Uremic Serum", Kidney Int., 1996, 49, 861.
8) 楠仁美, 宮田哲, "糖化反応中間体3-deoxyglucosoneの特異的測定法", DOJIN NEWS, 2001, 98, 3.
 
規格
(1) 性状:
(2) 3-DG/DAN adduct: 試験適合
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍,遮光, 2.吸湿注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る