トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > DTCS Na

      DTCS Na
化学名 N-(Dithiocarboxy)sarcosine, disodium salt, dihydrate
CAS番号 13442-87-0
製品コード D465

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
100
mg
\12,528
 
\11,600
349-07321
 
 
C4H5NNa2O2S2・2H2O=245.23
 


ダウンロード

プロトコル

 性 質
DTCSの鉄錯体Fe-(DTCS)2は水溶性であり、NOと錯体を形成したNO-Fe-(DTCS)2も水溶性となるため、特にNOをトラップしようとする場合に始めから鉄錯体Fe-(DTCS)2を投与することができるという長所を持つ。従来のDTCSはアンモニウム塩であるために、LD50=765 mg/kg(マウス)と毒性が高いが、ナトリウム塩のDTCS(DTCS Na)はLD50=1942 mg/kgと毒性が低減されている。
 水溶性のNO-Fe-(DTCS)2錯体は常のX-band (9 GHz)ではもちろん、L-band ESRで700 MHzに、DETCやMGDと同様のニトロシルFe錯体の窒素の核スピンに基づく鋭い3本線を与える。DTCSは他のジチオカルバメートに比べて、空気中、溶液中でかなり安定であるので、水溶性のFe錯体は生化学的にも有効なスピントラップ剤である。
 吉村らはマウスの腹腔内でLPS投与によって誘導されたiNOSからのNOをFe-(DTCS)2を用いて、トラップしL-band ESRによるin vivoイメージングを報告している。DTCS Naを用いた鉄-ジチオカルバメート錯体の調製法についてはプロトコルの項を、in vivo ESRによるイメージングについては吉村らの文献を参照のこと。

文書が見つかりません

 
参考文献
1) 藤井敏司, "鉄2価錯体を用いた内因性NOのESRによる検出", 化学と工業, 1994, 47(10), 1330.
2) T. Yoshimura, S. Fujii, H. Yokoyama and H. Kamada, "In vivo Electron Paramagnetic Resonance Imaging of NO-Bound Iron Complex in a Rat Head", Chem. Lett., 1995, 309.
3) S. Fujii, G. Miyakoda, M. Chihiro, T. Yoshimura and H. Kamada, "Nitric Oxide Release from Porcine Aorta Endothelial Cells Measured by Electron Paramagnetic Resonance Spectroscopy", Chem. Lett., 1996, 1055.
4) S. Fujii, T. Yoshimura and H. Kamada, "Nitric Oxide Trapping Efficiencies of Water-soluble Iron(III) Complexes with Dithiocarbamate Derivatives", Chem. Lett., 1996, 785.
5) T. Yoshimura, H. Yokoyama, S. Fujii, F. Takayama, K. Oikawa and H. Kamada, "In vivo EPR Detection and Imaging of Endogenous Nitric Oxide in Lipopolysaccharide-treated Mice", Nature Biotechnology, 1996, 14, 992.
6) B. Kalyanaraman, "Detectionof Nitric Oxide by Electron Spin Resonance in Chemical, Photochemical, Cellular, Physiological, and Pathophysiological Systems", Methods Enzymol., 1996, 268(A), 168.
7) H. Yokoyama, S. Fujii, T. Yoshimura, H. Ohya-Nishiguchi and H. Kamada, "In vivo ESR-CT Imaging of the Liver in Mice Receiving Subcutenous Injection of Nitric Oxide-Bound Iron Complex", Magn. Reson. Imaging., 1997, 15, 249.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜微黄色粉末で水に溶ける。
(2) 水溶状: 試験適合
(3) ナトリウム(Na): 15.0% 以上
 
溶解例
50 mg/ml(水)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る