トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > 2,3-Diaminonaphthalene(for NO detection)

      2,3-Diaminonaphthalene(for NO detection)
化学名 2,3-Diaminonaphthalene
CAS番号 771-97-1
製品コード D418

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
10
mg
\6,264
 
\5,800
341-07021
 
 
C10H10N2=158.20
 


ダウンロード

 性 質
NOの簡便な測定法としてGriess法がよく用いられているが、この2,3-DiaminonaphthaleneはこのGriess法を高感度化かつ簡便化できるものである。
 2,3-Diaminonaphthaleneは酸性条件下でNO2と反応しナフタレントリアゾールの蛍光性付加体を形成する。
 2,3-DiaminonaphthaleneとNO2の反応条件については詳細に検討されており、反応はpH2以下で最も速く、室温で5分と短時間であり、生成した付加体はpH10以上で最も効率よく蛍光を発する。検出限界はGriess法では数μmol/lであるが2,3-Diaminonaphthaleneでは数十nmol/lと50〜100倍高感度である。
 極大蛍光波長は410 nmであるが450 nmで測定した方がブランクが低く高感度に測定できる。
 2,3-Diaminonaphthaleneは光に対して敏感な試薬で、著しく着色した市販品ではブランクが高く、この目的では使えない。再結晶や有機溶媒からの抽出が必要である。本2,3-Diaminonaphthaleneは蛍光ブランクが低いため問題なく使用できる。

2,3-Diaminonaphthalene による検線作成方法
 2,3-Diaminonaphthalene 50 μgを0.62 mol/lの塩酸1 mlに溶解する。この溶液10 μlに0〜10 μmol/lのNaNO2 サンプル溶液100 μlを入れ、室温で10〜15分インキュベートし、2.8 mol/l NaOH溶液5 μlを加える。この溶液を100 μlとり、純水で4 mlに希釈し、λex=365 nm, λem=450 nmにて蛍光測定を行う。

文書が見つかりません

 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜淡黄褐色粉末で、熱水、熱アルコール及び希塩酸等に溶ける。
(2) 希塩酸溶状: 試験適合
(3) 融点: 185〜200℃
(4) NO測定適合性: 試験適合
(5) IRスペクトル: 試験適合
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る