トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >05細胞染色用色素 > -Cellstain- DAPI
03分子生物学関連試薬
      -CellstainR- DAPI
化学名 4',6-Diamidino-2-phenylindole, dihydrochloride
CAS番号 28718-90-3
製品コード D212

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
mg
\5,184
 
\4,800
342-07431
 
 
C16H17Cl2N5=350.25
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
DAPIは1977年、抗トリパノソ−マ薬の探索のためにDannらによって合成された蛍光性の色素で、蛍光顕微鏡下、酵母のミトコンドリア、葉緑素、ウイルス、マイコプラズマ、染色体中のDNA検出に使用されている1)。460 nmに青色の蛍光を持ち(励起波長360 nm)、DNAのAT配列に特異的なminor groove binderである。DAPIの光耐性は高く、HBO 200水銀ランプ、3 mm厚のBG 12フィルタ−の下でHoechst 33258の約2倍と高い。
 本製品はDNAと作用するため変異原性を示す疑いがあることから、使いきりタイプとして製品化した。秤量する時の実験室内への粉末の飛散を防ぎ使いやすくなっている。
 なお、-Cellstain(R)- DAPI solutionは動物細胞の死細胞染色蛍光色素として使用されるが、DAPI自体は細菌の生菌染色色素としても利用することができる5)。生菌染色用としては-Bacstain- DAPI solution(Code:BS04)を別途ご用意しており、こちらをご活用いただきたい

注意事項
DAPIストック溶液を作成する場合には、水を使用する(PBSには溶解しにくい)。
ただし、水に溶解したものは長期保存には適していない。
長期保存をお考えの際は、溶液の安定性を高めた溶液タイプの製品-Cellstain(R)- DAPI solution(Code:D523)をご使用いただきたい。
蛍光特性:λex=360 nm, λem=460 nm

【注意】
-Cellstain- DAPIは、通常、チューブ底面にフィルム状に付着した状態となっております。
稀に、輸送中の振動等により本品がチューブ底面から外れ、チューブ壁面やキャップ裏に付着している場合がございます。
内容物を下に落としてから開封をしてご使用ください。
ご不明な点がございましたら、小社カスタマーリレーション部までお問合せください。(Free Dial:0120-489-548)

よくあるご質問 
核染色剤の違いは?
蛍光波長
使用例
 
参考文献
1) W. Schnedl, A. V. Mikelsaar, M. Breitenbach and O. Dann, "DIPI and DAPI: Fluorescence Banding with Only Negligible Fading", Hum. Genet., 1977, 36, 167.
2) I. W. Taylor and B. K. Milthorpe, "An Evaluation of DNA Fluochromes, Staining Techniques, and Analysis for Flow Cytometry. I. Unperturebed Cellpopulations", J. Histochem. Cytochem., 1980, 28(11), 1224.
3) F. Otto and K. G. Tsou, "A Comparative Study of DAPI, DIPI, and Hoechst 33258 and 33342 as Chromosomal DNA Stains", Stain Technol., 1985, 60, 7.
4) N. Poulin, A. Harrison and B. Palcic, "Quantitative Precision of an Automated Image Cytometric System for the Measurement of DNA Content and Distribution in Cells Labeled with Fluorescent Nucleic Acid Stains", Cytometry, 1994, 16, 227.
5)M. Kawai, N. Yamaguchi and M. Nasu,"Rapid Enumeration of Physiologically Active Bacteria in Purified Water Used in the Pharmaceutical Manufacturing Process", J. Appl. Microbiol., 1999, 86 (3), 496.
 
規格
(1) 性状:本品は、黄色〜黄緑褐色粉末又は固体で水及び希塩酸に溶ける。
(2) 水溶状: 試験適合
(3) NMRスペクトル: 試験適合
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
05細胞染色用色素
03分子生物学関連試薬


 
ページの上部へ戻る