トップページ > 商品情報:製品分類一覧 > 01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬 > Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST

Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST
化学名
製品コード CK12

 容 量
    税込価格
本体価格
100
500
2000
tests
tests
tests


\10,368
\27,432
\41,040
 
\9,600
\25,400
\38,000
【キット内容】
[100 tests]
・Dye Mixture        ×1
・Assay Buffer   11 ml×1
・Lysis Buffer    1.1 ml×1
・Stop Solution   5.5 ml×1

[500 tests]
・Dye Mixture       ×1
・Assay Buffer   55 ml×1
・Lysis Buffer    5.5 ml×1
・Stop Solution  27.5 ml×1

[2000 tests]
・Dye Mixture       ×4
・Assay Buffer   55 ml×4
・Lysis Buffer    5.5 ml×4
・Stop Solution  27.5 ml×4
 
 
 
 


ダウンロード


取扱説明書

プロトコル

 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵,遮光
PRTR法:第1種指定化学物質
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 

感嘆符
 



環 境
 



 
性 質
Cytotoxicity LDH Assay Kit-WSTは、細胞から培地中に放出された乳酸脱水素酵素(LDH)活性を測定することにより細胞傷害を測定するキットである。
 LDHは細胞質に存在する酵素で、通常は細胞質に留まっているが、細胞膜が傷害を受けると培地中に放出される。放出されたLDHは安定なので、死細胞または細胞膜に傷害を受けた細胞数を測る指標として広く測定されている。LDHは、NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)を補酵素として乳酸の脱水素化を触媒し、ピルビン酸とNADHを生成する。生じたNADHは、電子メディエーターを介してテトラゾリウム塩(無色)をホルマザン(橙色)に還元する。生成したホルマザンの量は、放出されたLDH活性に比例するため、傷害を受けた細胞数の指標となる。
 本キットは、生細胞と反応せず、かつ、細胞にダメージを与えないため、生細胞と死細胞が混在する細胞培養液中に直接試薬を加えても細胞傷害を測定することが可能である(ホモジニアスアッセイ)。なお、一般的に用いられる細胞培養液を取り出してLDH活性を測定する方法も可能である(ノンホモジニアスアッセイ)。また、安定性の高い試薬を用いているため、調製した溶液は長期間保存でき、用時調製する必要がない。そのため、多検体アッセイから、少ない検体数の測定にも対応することができる。



 測定原理

  
  
   
 
測定方法の選択
細胞培養液に直接試薬を添加するホモジニアスアッセイと、細胞培養液の上清みを使うノンホモジニアスアッセイのいずれの
方法でも測定が可能である。実験状況に応じて測定方法を選択することができる。


   

Working solution調液後の安定性評価
死細胞測定に使用するWorking solutionは、簡単な操作で調製することができ、6ヶ月間冷蔵で保存することができる。
Working solutionが安定なため、試薬の無駄を減らすことができる。
 

測定例
Cell Counting Kit-8 とCytotoxicity LDH Assay Kit-WST を併用した細胞毒性試験

  
     試験物質: Mitomycin C
     細胞: HeLa
     使用培地: MEM, 10% FBS
     インキュベート: 37℃, 5% CO2, 48時間
     検出波長: Cell Counting Kit-8 (450 nm), Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST (490 nm)

HeLa 細胞にMitomycin C を添加した際の細胞毒性をCell Counting Kit-8 [Code: CK04]
Cytotoxicity LDH Assay Kit-WSTを用いて測定した。
Cell Counting Kit-8による細胞内代謝活性を指標とした方法とCytotoxicity LDH Assay Kit-WSTを
用いた細胞膜損傷による遊離LDHを指標とした方法では各々の指標が異なるため、細胞毒性が
表れる薬剤濃度に違いがあることが確認された。


RAJI細胞を用いたCDC assay(Complement-Dependent Cytotoxicity : 補体依存性細胞傷害)

  

抗体濃度に依存して吸光度が増加していることから、細胞への抗CD20抗体の結合により補体系が活性化され、
細胞傷害が起こったことが確認された。  

Q&A 
Cell Coounting Kit-8との相関性はありますか?
Cell Counting Kit-8やMTT法との併用はできますか?
LDHのアイソザイムの測り分けはできますか?
LDH標準品は入っていますか?
ウェル間でバラツキが多い
バックグラウンドが高い
細胞数最適化時の高コントロールと低コントロールの吸光度の差が小さい
 
参考文献
1) S. F. Jin, H. L. Ma, Z. L. Liu, S. T. Fu, C. P Zhang, Y. He, "XL413, a cell division cycle 7 kinase inhibitor enhanced the anti-fibrotic effect of pirfenidone on TGF-β1-stimulated C3H10T1/2 cells via Smad2/4.", Exp Cell Res., 2015, 339, (2), 289.
2) S. Watanabe, C. S. Moniaga, S. Nielsen, M. Hara-Chikuma, "Aquaporin-9 facilitates membrane transport of hydrogen peroxide in mammalian cells.", Biochem Biophys Res Commun ., 2016, 471, 191.
3) L. Wu, T. Oshima, J. Shan, H. Sei, T. Tomita, Y. Ohda, H. Fukui, J. Watari, H. Miwa , "PAR-2 activation enhances weak acid-induced ATP release through TRPV1 and ASIC sensitization in human esophageal epithelial cells.", Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol ., 2015, 309, G695.
4) D. Zhou, B-H Li, J. Wang, Y-N Ding, Y. Dong, Y-W Chen and J-G Fan, "Prolyl Oligopeptidase Inhibition Attenuates Steatosis in the L02 Human Liver Cell Line.", PloS ONE., 2016, 11, (10), e0165224.
5) T. Fukami, A. Iida, K. Konishi, M. Nakajima , "Human arylacetamide deacetylase hydrolyzes ketoconazole to trigger hepatocellular toxicity", Biochem. Pharmacol., 2016, doi:10.1016/j.jphs.2016.07.007.
6)Y. Takanezawa, R. Nakamura, Y. Sone, S. Uraguchi and M. Kiyono, "Atg5-dependent autophagy plays a protective role against methylmercury-induced cytotoxicity", Toxicol. Lett., 2016, 262, 135.
7) M. Tanaka, M. Yoneyama, T. Shiba, T. Yamaguchi, K. Ogita, "Protease-activated receptor-1 negatively regulates proliferation of neural stem/progenitor cells derived from the hippocampal dentate gyrus of the adult mouse ", J Pharmacol Sci., 2016, doi:10.1016/j.jphs.2016.05.005.
8) S. Wakatsuki, A. Furuno, M. Ohshima, and T. Araki, "Oxidative stress-dependent phosphorylation activates ZNRF1 to induce neuronal/axonal degeneration", J Cell Biol., 2015, 211, (4), 881.
 
備 考
(開発元:Dojindo Molecular Technologies, Inc.) 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬



 
ページの上部へ戻る