トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬 > Cell Counting Kit-F

      Cell Counting Kit-F
化学名
製品コード CK06

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
500
回用
\15,120
 
\14,000
343-07743
【キット内容】 
-Calcein-AM DMSO solution-
[500回用]   110μl×1
 
 
 


ダウンロード

取扱説明書

プロトコル

パンフレット


 性 質


  

Cell Counting Kit-Fは蛍光法により生細胞数を測定するキットである。キットに含まれる蛍光色素Calcein-AMは細胞内エステラーゼによりCalceinに加水分解され、黄緑色の強い蛍光(λex=490 nm, λem=515 nm)を発する。この時の蛍光強度が細胞内エステラーゼ活性に比例することから、生じたCalceinの蛍光を測定することで、生細胞数を測定することができる。また、Cell Counting Kit-Fは高感度かつ迅速な測定が可能であり、試薬添加後、30〜60分発色させることにより、テトラゾリウム塩を用いた比色法の限界とされている低細胞数域、リンパ球などの浮遊性細胞においても良好な直線が得られる。

特 長 
1) [3H]-チミジン取り込み法のようにラジオアイソトープを必要としない。
2) Calcein-AMにより生細胞の細胞質全体を染めてその蛍光を測定するため、比色法に比べて高感度である。
3) 短時間で発色し、溶解操作などの特な操作を必要とせず、細胞と共にインキュベートするだけで測定できる。
4) 浮遊系・付着系の両方の細胞に用いることができる。

※使用方法は、プロトコルをご覧ください。
測定原理


よくあるご質問 
51Cr-release法との相関は?
CCKシリーズの違い
使用プレート
 
参考文献
1) S. Sakamoto, M. Yokoyama, X. Zhang, K. Prakash, K. Nagao, T. Hatanaka, R. H. Getzenberg and Y. Kakehi, "Increased Expression of CYR61, an Extracellular Matrix Signaling Protein, in Human Benign Prostatic Hyperplasia and Its Regulation by Lysophosphatidic Acid", Endocrinology, 2004, 145, 2929.
 
取扱注意
1.危険物第4類 第3石油類 危険等級V, 2.火気厳禁 3.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 

感嘆符
 






 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬



 
ページの上部へ戻る