トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬 > Cell Counting Kit

      Cell Counting Kit
化学名
製品コード CK01

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
500
2500
回用
回用

\17,280
\43,200
 
\16,000
\40,000
349-06461
345-06463
【キット内容】 
[500回用]
・試薬 A(凍乾品):WST-1(16.3 mg)、HEPES(20 mmol/l、pH7.4)  ×1
・溶液 B(赤色水溶液): 1-Methoxy PMS(0.2 mmol/l)      5 ml×1

[2500回用]
・試薬 A(凍乾品):WST-1(16.3 mg)、HEPES(20 mmol/l、pH7.4)  ×5
・溶液 B(赤色水溶液): 1-Methoxy PMS(0.2 mmol/l)      5 ml×5
 
 
 


ダウンロード

取扱説明書

プロトコル

パンフレット


 性 質
    本キットはWST-1および1-Methoxy PMSを組み合わせた細胞数を測定するキットである。

      

    特 長
    1) WST-1およびWST-1ホルマザンは高水溶性(0.1 mol/l以上)であり、WST-1アッセイではホルマザンを溶かす操作は不要で操作が簡便である。
    2) 付着細胞、浮遊細胞ともに使用できる。
    3)フェノールレッドを含む培地でも使用できる。

    試薬溶液調製法
    1)溶液Bを全注射器で吸い取り、試薬Aに注入溶解し試薬溶液とする(試薬Aは真空状態のためゴム栓を開けると試薬が飛散する恐れがある。注射器で溶液Bを注入したあとで開封する。)
    2)必要に応じて、試薬溶液は0.22 μm のメンブランフィルターで濾過滅菌する。
    3)調製後の試薬溶液は4℃の暗所にで保存し、できるだけ早く使用するのが望ましい。

    測定法
    1)細胞をマイクロプレートに植え込み、炭酸ガスインキュベーターで前培養を行う(培地の使用量は100 μl/well、培地は RPMI1640 や MEM培地などの使用が可能である)。
    2)前培養が終了し次第、試薬溶液10 μl を各ウェルに加えてよく混和する。
    3)混合後、炭酸ガスインキュベーターで呈色反応を行う。(呈色反応時間は1〜4 時間、細胞の種類によって異なるので充分に検討する)
    4)反応後、そのままプレートリーダーで測定する。なお測定波長は450 nmもしくは405 nm、参照波長は600 nm 以上のものを使用する。
     
    *使用方法はプロトコルをご覧いただきたい。

    測定上の注意
    1)以上の方法はほとんどの細胞について使用可能であるが、細胞によって培養時間などの条件が異なる可能性がある。
    2)試薬Aは真空状態のためゴム栓を開けると試薬が飛散する恐れがある。注射器で溶液Bを注入したのちに開封する。
    3)調製後の試薬溶液は4℃の暗所にて保存し、できるだけ早く使用するのが望ましい。

    注意事項
    1)500回用のキットは96穴マイクロプレート5枚分を目安としている。
    2)細胞の種類および数により発色感度が異なるので、十分に検討の上使用する。また呈色後、以下のどちらかの方法で反応を停止することができる。
      (1)0.1 mol/l HClを10 μl添加する。
      (2)1 w/v% SDSを10 μl添加する。
      反応停止後24時間以内に測定すること。

    <キット以外に必要なもの>

    ・10 μlおよび100〜200 μlマルチチャンネルピペット ・CO2インキュベーター
    ・プレートリーダー(450 nmの吸光フィルター) ・96穴マイクロプレート






    操作方法


よくあるご質問 
96well以外のプレートでの測定
CCKシリーズの違い
CCKとMTTの違い
ブランクの測定
試薬A,Bの保存期間
前培養は必要ですか?
阻害物質
反応停止方法
 
参考文献
    1) M. Ishiyama, M. Shiga, K. Sasamoto and M. Mizoguchi, "A New Tetrazolium Salt That Produces a Highly Water-Soluble Formazan Dye", Chem. Pharm. Bull., 1993, 41, 1118.
    2) 渡邉正己, "細胞増殖測定法", 組織培養, 1995, 21(12), 435.
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
01細胞増殖/細胞毒性測定用試薬


 
ページの上部へ戻る