トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >10酸化還元系発色試薬 > CTC

      CTC
化学名 5-Cyano-2,3-ditolyl-2H-tetrazolium chloride
CAS番号 90217-02-0
製品コード C440

 容 量
    税込価格
本体価格
100
mg
\18,252
 
\16,900
 
 
C16H14ClN5=311.77
 


ダウンロード

 性 質
     細菌の検出方法としては、細菌を培養し生じたコロニーを計数する寒天平板培地法、蛍光色素で細菌を染色する蛍光染色法、増殖能を持つ細菌を検出するDVC法、特定の細菌を検出するFISH法・遺伝子増幅法などがあり、目的に応じて使い分けられている。蛍光染色法の中で、呼吸活性を持つ細菌を計数する方法としては、CTCが一般的に用いられている。
     CTCは、呼吸活性に伴う電子伝達系の作用でCTC formazan (CTF) に還元され、水に不溶性となり細胞中に蛍光性沈澱として蓄積する。CTC自体は水溶性で、水溶液中で無蛍光である。一方、CTFは粘性の低い溶液中では蛍光を持たないが、粘性の高い溶液中や固体状態では赤色蛍光を発する。CTCを試料とインキュベートした後、蛍光顕微鏡下に計数するか、フローサイトメトリーで分析することにより、呼吸活性を有する細菌数を求めることができる。核酸染色試薬と併用して全菌数と生菌数を計数したり、FISH法と併用して特定種の生菌数を選択的に計数するなどして、より高度な情報を得ることも可能である。生きているが培養困難な状態(VNC状態:
    viable but non-culturable)にある細菌の存在が明らかとなり、迅速な微生物検査法への要求も高まっていることから、衛生検査の手法として期待される。

    特徴
    1) 呼吸活性を有する細菌を選択的に染色できる。
    2) 寒天平板培地法に比べ短時間で結果が得られる。
    3) 蛍光顕微鏡・フローサイトメトリーで検出できる。

    注意点
     CTCを溶液状態で保存しておくと徐々に加水分解し、染色能が低下するので用時調製していただきたい。特にアルカリ性の溶液中では不安定である。


文書が見つかりません

 
参考文献
    1) A. W. Coleman, "Enhanced Detection of Bacteria in Natural Environments by Fluorochrome Staining of DNA", Limnol. Oceanogr., 1980, 25, 948.
    2) E. Severin, J. Stellmach and H.-M. Nachtigal, "Fluorimetric Assay of Redox Activity in Cells",
    Anal. Chim. Acta, 1985, 170, 341.
    3) G. G. Rodriguez, D. Phipps, K. Ishiguro and H. F. Ridgway, "Use of a Fluorescent Redox Probe for Direct Visualization of Actively Respiring Bacteria",
    Appl. Environ. Microbiol., 1992, 58 (6), 1801.
    4) G. Schaule, H. C. Flemming and H. F. Ridgway, "Use of 5-Cyano-2,3-ditolyl Tetrazolium Chloride for Quantifying Planktonic and Sessile Respiring Bacteria in Drinking Water", Appl. Environ. Microbiol., 1993, 59 (11), 3850.
    5) R. A. Bovill, J. A. Shalloross and B. M. Markey, "Comparison of the Fluorescent Redox Dye 5-Cyano-2,3-ditolyltetrazolium Chloride with
    p-Iodonitrotetrazolium Violet to Detect Metabolic Activity in Heat-stressed Listeria monocytogenes Cells", J. Appl. Bacteriol., 1994, 77 (4), 353.
    6) M. T. E. Suller and D. Lloyd, "Flow Cytometric Assesment of the Postantibiotic Effect of Methicillin on
    Staphylococcus aureus", Antimicrob. Agents Chemother., 1998, 42 (5), 1195.
    7) M. Kawai, N. Yamaguchi and M. Nasu "Rapid Enumeration of Physiologically Active Bacteria in Purified Water Used in the Pharmaceutical Manufacuturing Process",
    J. Appl. Microbiol., 1999, 86, 496.
    8) N. Yamaguchi, M. Sasada, M. Yamanaka and M. Nasu, "Rapid Detection of Respiring
    Escherichia coli O157:H7 in Apple Juice, Milk, and Ground Beef by Flow Cytometry", Cytometry , 2003, 54A, 27.
    9) A. Kitaguchi, N. Yamaguchi and M. Nasu, "Enumeration of Respiring Pseudomonas spp. in Milk within 6 Hours by Fluorescence In Situ Hybridization Following Formazan Reduction", Appl. Environ. Microbiol., 2005, 71(5), 2748.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜微橙色粉末又は結晶性粉末で、水、メタノールに溶ける。
(2) 純度(HPLC): 95.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合
(4) モル吸光係数: 7,500 以上(300 nm付近)
(5) 鋭敏度: 試験適合
(6) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
    3 mg/10 ml (水)
 
取扱注意
1.医薬用外劇物, 2.保存方法:冷蔵,遮光
法規制毒物および劇物取締法:劇物
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
10酸化還元系発色試薬



 
ページの上部へ戻る