トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >05細胞染色用色素 > -Cellstain- Calcein-AM solution

      -CellstainR- Calcein-AM solution
化学名 3',6'-Di(O-acetyl)-4',5'-bis[N,N-bis(carboxymethyl)aminomethyl]fluorescein, tetraacetoxymethyl ester, DMSO solution
CAS番号 148504-34-1(Calcein-AM)
製品コード C396

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
ml
\17,604
 
\16,300
341-07901
 
 
 
C46H46N2O23=994.86
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
1 mg/ml DMSO溶液
Calcein-AMはCalceinの4つのカルボキシル基をアセトキシメチルエステル化(AM化)することにより細胞膜透過性としたものである。Calcein-AM 自体は蛍光をほとんど示さないが、細胞内のエステラ−ゼによる加水分解でCalcein となる。このCalceinは、膜不透過性の化合物で、強い黄緑色の蛍光を示す(λex=490 nm、λem=515 nm)。Calcein-AMと同じ生細胞染色用色素として同様にfluorescein骨格を持つCarboxy fluorescein diacetate(CFDA)やFluorescein diacetate (FDA)などが知られている。しかし、これらの化合物は発色後細胞膜から漏出しやすく、それが使用上の問題のひとつとなっていた。これらのような色素に比べ、Calcein-AMは発色後の細胞からの漏出が少ない色素として利用が高まってきている。また、リンパ球の増殖や白血球のケモタキシスなどの細胞機能を阻害しないことが知られている。また、Calcein-AMはキラ−T細胞やNK細胞などによる細胞障害活性の測定において、汎用されてきた放射性同位体を用いる51Cr release法と同様の結果を与えてることから、細胞毒性も少ないことが示唆される。
Calcein-AM は生細胞を染色し、蛍光顕微鏡下の観察やフロ−サイトメトリ−などに利用されているが、死細胞染色色素と共に用いることで生死細胞二重蛍光染色に利用される場合も数多い。Papadopoulusらは、Calcein-AMとEthidium homodimer (EthD-1)を使用して二重染色を行い、2つの色素の蛍光波長の違いを利用しフローサイトメトリーで細胞毒性について検討を行っている。
Calcein-AMは細胞毒性が少なく、また蛍光を発した後の細胞からの漏出が少ないことから、生細胞染色用色素として現在最も有用な色素である。先に示したように、放射性同位元素を使用した計測法も現在行われているが、安全性、簡便性の点からも蛍光性化合物を利用した細胞研究の解析が進んでくるものと期待される。
生細胞染色用試薬としてよく使われているCalcein-AMを溶液化し、使用しやすい形態とした。

蛍光特性:λex=490 nm, λem=515 nm

Q&A 
51Cr-release法との相関
蛍光波長
細胞保持データ
使用例
 
参考文献
1) K. McGinnes, G. Chapman, R. Marks and R. Penny, "A Fluorescence NK Assay Using Flow Cytometry", J. Immunol. Methods, 1986, 86, 7.
2) S. J. Morris, "Real-time Multi-wavelength Fluorescence Imaging of Living Cells", BioTechniques, 1990, 8(3), 296.
3) S. A. Weston and C. R. Parish, "New Fluorescent Dyes for Lymphocyte Migration Studies Analysis by Flow Cytometry and Fluorescent Microscopy", J. Immunol. Methods, 1990, 133, 87.
4) D. M. Callewaert, G. Radcliff, R. Waite, J. Lefevre and D. Poulik, "Characterization of Effector-Target Conjugates for Cloned Human Natural Killer and Human Lymphokine Activated Killer Cells by Flow Cytometry", Cytometry, 1991, 12, 666.
5) Han-Qing Xie, R. Huang and V. W. Hu, "Intercellular Communication Through Gap Junctions Is Reduced in Senescent Cell", Biophys. J. , 1992, 62, 45.
6) S. A. Weston and C. R. Parish, "Calcein: a Novel Marker for Lymphocytes Which Enter Lymph Nodes", Cytometry, 1992, 13, 739.
7) X. M. Wang, P. I. Terasaki, G. W. Rankin Jr. , D. Chia, H. Pi. Zhong and S. Hardy, "A New Microcellular Cytotoxicity Test Based on Calcein AM Release", Hum. Immunol. , 1993, 37, 264.
8) N. G. Papadopoulos, G. V. Z. Dedoussis, G. Spanakos, A. D. Gritzapis, C. N. Baxevanis and M. Papamichail, "An Improved Fluorescence Assay for the Determination of Lymphocyte-Mediated Cytotoxicity Using Flow Cytometry", J. Immunol. Methods, 1994, 177, 101.
9) L. S. D. Clerck, C. H. Bridts, A. M. Mertens, M. M. Moens and W. J. Stevens, "Use of Fluorescent Dyes in the Determination of Adherence of Human Leucocytes to Endothelial Cells and the Effects of Fluorochromes on Cellular Function", J. Immunol. Methods, 1994, 172, 115.
10) H. Ohata, Y. Ujiki and K. Momose, "Confocal Imaging Analysis of ATP-Induced Ca2+ Response in Individual Endothelial Cells of the Artery in Situ", Am. J. Physiol. , 1997, 272(6), 1980.
 
規格
(1) 性状:本品は、無色液体である。
(2) 含量: 試験適合
 
取扱注意
1.危険物第4類 第3石油類 危険等級V, 2.火気厳禁 3.保存方法:冷凍,遮光
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 

感嘆符
 






 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
05細胞染色用色素



 
ページの上部へ戻る