トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >20機能性有機材料 > 10-Carboxy-1-decanethiol

      10-Carboxy-1-decanethiol
化学名 10-Carboxy-1-decanethiol
CAS番号 71310-21-9
製品コード C385

 容 量
    税込価格
本体価格
10
100
mg
mg

\14,472
\38,880
 
\13,400
\36,000
 
 
C11H22O2S=218.36
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
    <Carboxy type>
     末端官能基としてカルボキシル基を有するタイプは、金電極、SPRおよびQCMなどの金基板表面に、アミノ基を有する物質、特にタンパク質を固定化する際に有用である。金基板上にカルボキシル基を有するSAMsを形成後、WSC(EDC)(Code: W001)とNHSで活性化し、タンパク質を結合させる。小社では、カルボキシル基末端SAM基板の活性化に便利なAmine Coupling Kit(Code: A515)を販売しているので、ご活用頂きたい。
     Maloneらは抗myoglobin抗体を15-carboxy-1-pentadecanethiolのSAMを介してSPRセンサに固定化することで、市販のカルボキシデキストラン基板よりも3倍感度が高く、非特異吸着は3分の1のSPRセンサを作製できると報告している1)
    アルキル鎖長はSAMsの安定性や、基板の導電性に影響を与える。小社ではC5〜C15のアルキル鎖長の誘導体を揃えているので、用途に合わせて選択いただきたい。

よくあるご質問 
SAMsとはどのようなものか?
SAMs形成条件
 
参考文献
    1) M. R. Malone, J-F. Masson, S. Beaudoin, K. S. Booksh, Proceedings of SPIE-The International Society for Optical Engineering, 2005, 6007.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜微黄色粉末でわずかに臭気がある。
(2) 純度(HPLC): 97.0% 以上
(3) NMRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
    10 mmol/l 以上(Methyl alcohol, Chloroform, Ethyl alcohol, Dichloromethane, Tetrahydrofuran, Hexane, Dimethyl sulfoxide, Dimethyl formamide.
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵, 2.窒素置換
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
20機能性有機材料



 
ページの上部へ戻る