トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >07膜タンパク質可溶化剤 > Sodium cholate (purified)

      Sodium cholate (purified)
化学名 Cholic acid, sodium salt, monohydrate
CAS番号 361-09-1
製品コード C321

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
5
25
g
g

\7,128
\27,432
 
\6,600
\25,400
346-06471
344-06472
 
 
C24H39NaO5・H2O=448.57
 


ダウンロード

プロトコル

パンフレット


 性 質
    陰イオン性界面活性剤:cmc=14 mmol/l
     コール酸ナトリウムはドデシル硫酸ナトリウム(SDS)同様、陰イオン性界面活性剤で、cmc値は14 mmol/lである。本試薬はステロイド環上にも3つの水酸基を持ち、かつ末端にカルボキシル基を持っているため親水性部分が分子の一部分に限定されないという特徴を持つ。一般にコール酸系の界面活性剤は数分子が会合してミセルを形成し、ミセルサイズは小さく、透析等によって除去しやすい。
     市販のものは着色していることが多いが、本品は精製をくり返すことにより、着色を除いたものである。そのまま水に溶かして、膜タンパク質の可溶化、精製に使うことができる。

    使用方法は、プロトコルP-10「膜タンパク質等を可溶化したい」をご覧いただきたい。

よくあるご質問 
cmcと可溶化
 
参考文献
    1)H. Furukawa, T. Hamada, M. K. Hayashi, T. Haga, Y. Muto, H. Hirota, S. Yokoyama, K. Nagasawa and M. Ishiguro, "Conformation of Ligands Bound to the Muscarinic Acetylcholine Receptor", Mol. Pharmacol., 2002, 62, 778.
    2)I. M. Fearnley, J. Carroll, R. J. Shannon, M. J. Runswick, J. E. Walker and J. Hirst, "GRIM-19, a Cell Death Regulatory Gene Product, Is a Subunit of Bovine Mitochondrial NADH:Ubiquinone Oxidoreductase (Complex I)", J. Biol. Chem., 2001, 276, 38345.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色粉末で水に溶ける。
(2) 純度(HPLC): 98.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合 0.052 以下(280 nm)
(4) 水分: 3.5〜5.0%
(5) IRスペクトル: 試験適合
 
取扱注意
1.吸湿注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
07膜タンパク質可溶化剤


 
ページの上部へ戻る