トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >08ラベル化剤 > CFSE

CFSE
化学名 5- or 6-(N-Succinimidyloxycarbonyl)fluorescein 3',6'-diacetate
CAS番号 150347-59-4
製品コード C309

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
10
mg
\20,304
 
\18,800
341-06443
 
 
C29H19NO11=557.46
 


ダウンロード

パンフレット


 性 質
CFSEは長時間、蛍光色素として細胞内にとどまり、長期的な動的挙動を直接的に観察するトレーサーとして用いられる。CFSEは活性エステル基を持ち、また、フルオレセインの強い蛍光はアセチル基で抑えられている。
 また、脂溶性が高いため、細胞膜の脂質二分子膜層を容易に透過することができる。細胞内に取り込まれたCFSEは細胞内のエステラーゼによってアセチル基が加水分解されて本来のフルオレセインが持つ蛍光を示すようになり、かつ活性エステル部位が細胞内タンパク質のアミノ基と結合し細胞内に固定化できる。細胞の成長、分裂融合などの動的挙動が蛍光顕微鏡を用いることによって観察できる。
※ 標識後の蛍光特性:λex=496 nm、λem=516 nm

文書が見つかりません

 
参考文献
1) M. Bronner-Fraser, "Alterations in Neural Crest Migration by a Monoclonal Antibody That Affects Cell Adhesion", J. Cell Biol., 1985, 101, 610.
2) A. Nose and M. Takeichi, "A Novel Cadherin Cell Adhesion Molecule: Its Expression Patterns Associated With Implantation and Organogenesis of Mouse Embryos", J. Cell Biol., 1986, 103, 2649.
3) S. A. Weston and C. R. Parish, "New Fluorescent Dyes for Lymphocyte Migration Studies Analysis by Flow Cytometry and Fluorescent Microscopy", J. Immunol. Methods, 1990, 133, 87.
4) C. K. Raymond, P. J. O'hara, G. Eichinger, J. H. Rothman and T. H. Stevens, "Molecular Analysis of the Yeast VPS3 Gene and the Role of Its Product in Vacuolar Protein Sorting and Vacuolar Segregation during the Cell Cycle", J. Cell Biol., 1990, 111, 877.
5) G. Radcliff, R. Waite, J. Lefevre, M. D. Poulik and D. M. Callewaert, "Quantification of Effector/Target Conjugation Involving Natural Killer(NK) or Lymphokine Activated Killer(LAK) Cells by Two-color Flow Cytometry", J. Immunol. Methods, 1991, 139, 281.
6) S. A. Weston and C. R. Parish, "Calcein: a Novel Marker for Lymphocytes Which Enter Lymph Nodes", Cytometry, 1992, 13, 739.
7) L. S. D. Clerck, C. H. Bridts, A. M. Mertens, M. M. Moens and W. J. Stevens, "Use of Fluorescent Dyes in the Determination of Adherence of Human Leucocytes to Endothelial Cells and the Effects of Fluorochromes on Cellular Function", J. Immunol. Methods, 1994, 172, 115.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜微黄色粉末でジメチルスルホキシド及びクロロホルムに溶解する。
(2) 純度(HPLC): 95.0% 以上
(3) ジメチルスルホキシド溶状: 試験適合
(4) NMRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
10 mg/ml(ジメチルスルホキシド)
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
08ラベル化剤



 
ページの上部へ戻る