トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >07膜タンパク質可溶化剤 > CHAPSO

    CHAPSO
化学名 3-[(3-Cholamidopropyl)dimethylammonio]-2-hydroxypropanesulfonate
CAS番号 82473-24-3
製品コード C020

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
1
5
g
g

\9,072
\32,400
 
\8,400
\30,000
347-05161
343-05163
 
 
C32H58N2O8S=630.88
 


ダウンロード

パンフレット


 性 質
両性界面活性剤:cmc=8 mmol/l
 膜タンパク質の溶解剤としての好ましい条件の一つに非イオン性であることがあげられ、例えばTriton X-100などが用いられているが、溶解効率、除去の難しさ等の点で必ずしも満足なものとは言えない。ここに紹介するCHAPSOはコール酸を母核とする両性化合物であり、スルホベタイン型の溶解剤や胆汁酸塩アニオン化合物の双方の特徴を兼ねそなえた膜タンパク質可溶化剤である。
 なお、CHAPSO自体の紫外部の吸収は弱いため、UV吸収を利用するタンパク質の検出にも好都合である。

よくあるご質問 
cmcと可溶化
 
参考文献
1) D. S. Liscia, T. Alhadi and B. K. Vonderhaar, "Solubilization of Active Prolactin Receptors by a Nondenaturing Zwitterionic Detergent", J. Biol. Chem., 1982, 257, 9401.
2) 浅田浩二, "アスコルビン酸ペルオキシダーゼ -クロロプラストでの過酸化水素消去系", 蛋白質、核酸、酵素, 1988, 33, 2957.
3)C. Miyake, W.-H. Cao and K. Asada, "Purification and Molecular Properties of the Thylakoid-Bound Ascorbate Peroxidase in Spinach Chloroplasts", Plant Cell Physiol, 1993, 34(6), 881.
4)N. Inoue, J. Kuranari, S. Harada, H. Nakajima, M. Ohbayashi, Y. Nakamura, N. Miyasaka, K. Ezawa, F. Ban and K. Yanagi, "Use of enzyme-linked immunosorbent assays with chimeric fusion proteins to titrate antibodies against Epstein-Barr virus nuclear antigen 1.", J. Clin. Microbiol., 1992, 30(6), 1442.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色粉末で水及びアルコールに溶ける。
(2) 純度(HPLC): 96.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合
(4) 水分: 3.0% 以下
(5) IRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
1 g/20 ml(水)
取扱注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
07膜タンパク質可溶化剤

ページの上部へ戻る