トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >08ラベル化剤 > Biotinylation Kit (Sulfo-OSu)

      Biotinylation Kit (Sulfo-OSu)
化学名
製品コード BK01

 容 量
    税込価格
本体価格
1
set
\43,200
 
\40,000
【キット内容】
[4回用]
・Biotin-(AC5)2 Sulfo-OSu      × 4
・Sodium Bicarbonate Powder     × 4
・PBS Tablet               × 4
・Gel Filtration Column         × 4
・Sample Tube          × 8
 
 
 


ダウンロード

取扱説明書

プロトコル

 性 質
    水溶性の活性エステルタイプのビオチン化試薬:Biotin-(AC5)2 Sulfo-OSuを用いた、タンパク質の遊離のアミノ基をビオチンラベル化するキットである。ラベル化用のNaHCO3緩衝液用粉末、ゲルろ過用カラムおよびカラム溶離用PBS錠剤を付属しており、ラベル化したタンパクを精製できる。1ショットタイプ(10 mg×4 本)なので、それぞれ異なった4種類のタンパクのラベル化が可能である。Biotin-(AC5)2 Sulfo-OSuの添加を変えることで、ラベル化率のコントロールが可能である。

    *標識タンパク質量は1〜5 mgです。

    使用方法はプロトコルP-7「ビオチンを標識したい」をご覧下さい。
    <キット以外に必要なもの>

    ・10 μl, 200 μl及び1 mlマイクロピペッター ・インキュベーター(25℃) ・ボルテックスミキサー


    反応原理


よくあるご質問 
ラベル化後の保存方法
ラベル化剤の安定性
 
参考文献
    1) J. Wormmeester, F. Stiekema and C. Groot, "Immunoselective Cell Separation", Methods Enzymol., 1990, 184, 314.
    2) J. J. Leary and D. J. Ward, "Rapid and Sensitive Colorimetric Method for Visualizing Biotin-labeled DNA Probes Hybridized to DNA or RNA Immoilized on Nitrocelulose: Bio-blots", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 1983, 80, 4045.
    3) W. T. Lee and D. H. Conrad, "The Murine Lymphocyte Receptor for IgE II. Characterization of the Multvalent Nature of the B Lymphocyte Receptor for IgE", J. Exp. Med., 1984, 159, 1790.
    4) D. R. Gretch, M. Suter and M. F. Stinski, "The Use of Biotinylated Monoclonal Antibodies and Streptavidin Affinity Chromatography to Isolate Herpesvirus Hydorophobic Proteins or Glycoproteins", Anal. Biochem., 1987, 163, 270.
    5) M. Shimkus, J. Levy and T. Herman, "A Chemically Cleavable Biotinylated Nucleotide: Usefulness in the Recovery of Protein-DNA Complexes from Avidin Affinity Columns", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 1985, 82, 2593.
    6) W. J. LaRochelle and S. C. Froehner, "Immunodhemical Detection of Proteins Biotinylated on Nitrocellulose Replicas", J. Immunol. Methods, 1986, 92, 65.
    7) P. S. Anjaneyulu and J. V. Staros,"Reactions of N-hydroxysulfosuccinimide Active Esters", Int. J. Pept. Protein Res., 1987, 30, 117.
    8) H. M. Ingalls, C. M. Goodloe-Holland and E. J. Luna,"Junctional Plasma Membrane Domains Isolated from Aggregating Dictyostelium Discoideum Amebae", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 1986, 83, 4779.
    9) J. Guesdon, T. Ternyck and S. Avrameas,"The Use of Avidin-Biotin Interaction in Immunoenzymatic Techniques", J. Histochem. Cytochem., 1979, 27, 1131.
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 

健康有害性
   




 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
08ラベル化剤



 
ページの上部へ戻る