トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >08ラベル化剤 > Biotin-HPDP

Biotin-HPDP
化学名 N-[6-(Biotinamide)hexyl]-3'-(2'-pyridyldithio)propionamide
CAS番号 129179-83-5
製品コード B573

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
50
mg
\43,632
 
\40,400
341-09101
 
 
C24H37N5O3S3=539.78
 


ダウンロード

パンフレット


 性 質
Biotin-HPDPは、分子内にビオチンおよびピリジルジスルフィド基を有するため、SH基にビオチンを導入することができる。ピリジルジスルフィド基は還元剤により容易に還元でき、また、タンパク質などのSH基と交換反応することが可能である。Biotin-SS-Sulfo-OSuと同様、還元操作によるリンカー部位が切断可能な特徴を有しているが、Biotin-HPDPは対象のタンパク質のSH基と反応するため、ジスルフィド基を還元した後に現れるSH基は元のタンパク質由来のSH基に戻すことができる。Biotin-HPDPを用いて標識した分子をアビジンあるいはストレプトアビジンの固定化カラムへ捕捉後、還元操作によるリンカー部位の切断により回収することができる。


Biotin-HPDPの溶解性にお困りの方へ
-SulfoBiotics- Biotin-HPDP(WS) solution
 

文書が見つかりません

 
参考文献
1) A. Janshoff, K-P. S. Dancil, C. Steinem, D. P.Greiner, V. S.-Y.Lin, C. Gurtner, K. Motesharei, M. J. Sailor and G. M. R. Ghadiri, "Macroporous p-Type Silicon Fabry-Perot Layers. Fabrication, Characterization, and Applications in Biosensing", J. Am. Chem.Soc., 1998, 120(46), 12108.

2) K. K.Caswell, J. N. Wilson, U. H. F. Bunz and C. J. Murphy, "Preferential End-to-end Assembly of Gold Nanorods by Biotin-streptavidin Connectors", J. Am. Chem.Soc., 2003, 125(46), 13914.

3) Z. Siwy, L. Trofin, P. Kohli, L. A.Baker, C. Trautmann and C. R. Martin, "Protein Biosensors Based on Biofunctionalized Conical Gold Nanotubes", J. Am. Chem.Soc., 2005, 127(14), 5000.

4) G. Hao, B. Derakhshan, L. Shi, F. Campagne and S. S. Gross, "SNOSID, A Proteomic Method for Identification of Cysteine S-nitrosylation Sites in Complex Protein Mixtures", Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A., 2006, 103(4), 1012.

5) N. L. Moan, G. Clement, S. L. Maout, F. Tacnet and M. B. Toledano, "The Saccharomyces Cerevisiae Proteome of Oxidized Protein Thiols: Contrasted Functions for the Thioredoxin and Glutathione Pathways", J. Biol. Chem., 2006, 281(15), 10420.

6) W. Shu, E. D. Laue and A. A. Seshia, "Investigation of Biotin-streptavidin Binding Interactions Using Microcantilever Sensors", Biosens. Bioelectron., 2007, 22, 2003.

7) W. Yang, D. D. Vizio, M. Kirchner, H. Steen and M. R. Freeman, "Proteome Scale Characterization of Human S-acylated Proteins in Lipid Raft-enriched and Non-raft Membranes", Mol. Cell. Proteomics, 2010, 9, 54.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜殆ど白色粉末でジメチルスルホキシド及びジメチルホルムアミドに溶ける。
(2) 純度(HPLC): 90.0% 以上
(3) ジメチルホルムアミド溶状: 試験適合
 
溶解例
2 mg/ml(ジメチルホルムアミド)
 
取扱注意
1.保存方法:冷蔵
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
08ラベル化剤



 
ページの上部へ戻る