トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >08ラベル化剤 > Biotin-SS-Sulfo-OSu

Biotin-SS-Sulfo-OSu
化学名 N-[[2-(Biotinylamino)ethyl]dithiopropionyloxy]sulfosuccinimide, sodium salt
CAS番号 325143-98-4
製品コード B572

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
100
mg
\41,040
 
\38,000
348-09091
 
 
C19H27N4NaO9S4=606.69
 


ダウンロード

パンフレット


 性 質
Biotin-SS-Sulfo-OSuは分子内にN-ヒドロキシスクシンイミド活性エステル基を持つため、抗体や酵素等のタンパク質のアミノ基にビオチンを導入することができる。Biotin Sulfo-OSuまたはBiotin-AC5 Sulfo-OSu等のリンカーにアルキル鎖のみを有するビオチン標識剤とは異なり、リンカー部位に導入されたジスルフィド基は還元剤により容易に還元されるためリンカー部位の切断が可能である。Biotin-SS-Sulfo-OSuを用いて標識した分子をアビジンあるいはストレプトアビジンの固定化カラムへ捕捉後、還元操作によるリンカー部位の切断により回収することができる。

文書が見つかりません

 
参考文献
1) M. Shimkus, J. Levy and T. Herman, "A Chemically Cleavable Biotinylated Nucleotide: Usefulness in the Recovery of Protein-DNA complexes From Avidin Affinity Columns", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 1985, 82, 2593.

2) G. Nikov, V. Bhat, J. S. Wishnok and S. R. Tannenbaum, "Analysis of Nitrated Proteins by Nitrotyrosine-specific Affinity Probes and Mass Spectrometry", Anal. Biochem., 2003, 320(2), 214.

3) S. B. Scheurer, C. Roesli, D. Neri and G. Elia, "A Comparison of Different Biotinylation Reagents, Tryptic Digestion Procedures, and Mass Spectrometric Techniques for 2-D peptide Mapping of Membrane Proteins", Proteomics, 2005, 5, 3035.

4) J. C. Timmer, M. Enoksson, E. Wildfang, W. ZHU, Y. Igarashi, J-B. Denault, Y. Ma, B. Dummitt, Y-H. Chang, A. E. Mast, A. Eroshkin, J. W. Smith, W. A. Tao and G. S. Salvesen, "Profiling Constitutive Proteolytic events in vivo", Biochem. J., 2007, 407, 41.

5) S. J. Lee, K-H. Kim, J. S. Park, J. W. Jung, Y. H. Kim, S. K. Kim, W-S. Kim, H-G. Goh, S-H Kim, J-S. Yoo, D-W Kim and K. P. Kim, "Comparative Analysis of Cell Surface Proteins in Chronic and Acute Leukemia Cell Lines", Biochem. Biophys. Res. Commun., 2007, 357, 620.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色〜殆ど白色粉末で水に溶ける。
(2) 純度(HPLC): 80.0% 以上
(3) ジメチルスルホキシド溶状: 試験適合
 
溶解例
15 mg/ml(水)
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍, 2.吸湿注意
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
08ラベル化剤



 
ページの上部へ戻る