トップページ > 商品情報:製品分類一覧 >02酸化ストレス関連試薬 > ARP(Aldehyde Reactive Probe)

      ARP(Aldehyde Reactive Probe)
化学名 N-(Aminooxyacetyl)-N'-biotinylhydrazine
CAS番号 139585-03-8
製品コード A305

 容 量
    税込価格
本体価格
和光コード
10
mg
\23,328
 
\21,600
340-07611
 
 
C12H21N5O4S=331.39
 


ダウンロード

 性 質
DNAはアルキル化剤や発癌剤、放射線などにより物理的、化学的損傷を受ける。損傷したDNAは細胞内の損傷修復機構により正常な状態に修復される。その修復過程において脱プリン/脱ピリミジン部位(AP site)が生じる。正常な修復系ではこのAP siteはAP-エンドヌクレアーゼにより選択除去され、DNAポリメラーゼによりDNAの修復が行われるが、何らかの原因でAP siteが修復されなかった場合、突然変異や発癌、細胞死の原因となる。AP siteを定量することは、DNA損傷の1つの目安となり、また定量法の開発はDNA修復機構の研究に大きく寄与するものである。
 ARP(Aldehyde Reactive Probe)は久保らにより、比較的簡単にAP siteを定できる試薬として開発された。ARPはAP siteのアルデヒド基と特異的に結合する化学プローブで、AP siteに生じたアルデヒド基と反応するアミノキシル部位とアビジンと特異的に結合するビオチン部位からできている。ARPは、ビオチンヒドラジドよりもアルデヒド基に対する反応性が高く、ビオチン/アビジンー酵素/発色基質の系で定した場合10,000ヌクレオチド当たり1個程度の割合で含まれるAP siteを定することができる2)-Nucleostain- DNA Damage Quantification Kit -AP Site Counting-(Code. DK02)は、ARPを用いてAP siteの数を測定するためのキットで、本キットによりサンプルから単離されたDNA中のAP siteを1 AP site/105塩基対の感度で測定できる。

文書が見つかりません

 
参考文献
1) R. Rago, J. Mitchen and G. Wilding, "DNA Fluorometric Assay in 96-well Tissue Culture Plates Using Hoechst 33258 after Cell Lysis by Freezing in Distilled Water", Anal. Biochem., 1990, 191, 31.
2) K. Kubo, H. Ide, S. S. Wallace and Y. W. Kow, "A Novel, Sensitive, and Specific Assay for Abasic Sites, The Most Commonly Produced DNA Lesion", Biochemistry, 1992, 31, 3703.
3) H. Ide, K. Akamatsu, Y. Kimura, K. Michiue, K. Makino, A. Asaeda, Y. Takamori and K. Kubo, "Synthesis and Damage Specificity of a Novel Probe for the Detection of Abasic Sites in DNA", Biochemistry, 1993, 32, 8276.
4) M. Yao and Y. W. Kow, "Strand-specific Cleavage of Mismatch-containig DNA by Deoxyinosine 3'-Endonuclease from Escherichia coli", J. Biol. Chem., 1994, 269, 31390.
5) 岡村忠, "光によるDNAの損傷とその修復", 化学, 1994, 49, 425.
6) 大塚栄子, "遺伝子の損傷ががんの引き金にDNAの変異と修復のメカニズムを探る", 化学, 1994, 49, 394.
7) T. Shida, M. Noda and J. Sekiguchi, "The recognition of DNA containning AP-site by E. coli endonuclease IV(exonuclease)", Nucleic Acids Symposium Series, 1995, 34, 87.
8) H. B. Sun, L. Qian and H. Yokota, "Detection of abasic sites on individual DNA molecules using atomic force microscopy", Anal. Chem., 2001, 73, 2229.
9) J. Nakamura, J. A. Swenberg, "Endogenous Apurinic/apyrimidinic Sites in Genomic DNA of Mammalian Tissues", Cancer Res., 1999, 59, 2522.
10) Y. W. Kow and A. Dare, "Detection of Abasic Sites and Oxidative DNA Base Damage using an ELISA-like Assay", METHODS, 2000, 22, 164.
11) L. Yan, A. Bulgar, Y. Miao, V. Mahajan, J. R. Donze, S. L. Gerson and L. Liu, "Combined Treatment with Temozolomide and Methoxyamine: Blocking Apurininc/Pyrimidinic Site Repair Coupled with Targeting Topoisomerase II", Clin. Cancer Res., 2007, 13, 1532.
12) P. D. Chastain, II, J. Nakamura, J. Swenberg and D. Kaufman, "Nonrandom AP site distribution in highly proliferative cells", FASEB J., 2006, 20(14), 2612.
 
規格
(1) 性状:本品は、白色粉末で水に溶ける。
(2) 純度(HPLC): 95.0% 以上
(3) 水溶状: 試験適合
(4) IRスペクトル: 試験適合
(5) NMRスペクトル: 試験適合
 
溶解例
10 mg/ml(水)
 
取扱注意
1.保存方法:冷凍
 
危険・有害性シンボルマーク(GHS表示)
 
 
備 考
 
 
関連商品はこちらをクリックしてください。
 
02酸化ストレス関連試薬



 
ページの上部へ戻る