トップページ > 商品情報:製品分類一覧 > 13.生化学用緩衝剤

製品分類
13.生化学用緩衝剤
 
概 要 
生体成分の分離・精製や組織培養を行なうにあたって、溶液内の pH をー定に保つ必要がある。適当な弱酸とその共役塩基の混合溶液が pH 緩衝液として利用される。陸生生物の生体成分の pH は普通 6.5〜7.5 で、海生生物とくに海藻類は pH 8 程度であるから、生化学用途としては pH 6〜8 の範囲を緩衝できるものでなければならない。Good らは生化学緩衝剤としての望ましい条件を考慮して、Zwitter ion 構造をもつ各種のアミノエタンスルホン酸、アミノプロパンスルホン酸誘導体を合成し、その有用性を明らかにした。これらは次に示すような特長をもっている。
1)水に良く溶け、濃厚な緩衝液が作成できる。
2)生体膜を透過しにくい。
3)酸解離平衡が濃度、温度、イオン組成の影響を受けにくい。
4)金属イオンとの錯形成能が小さい。
5)化学的に安定で、再結晶による高純度精製が可能。
6)可視、紫外部に吸収を持たないために、目的成分の検出が容易である。

 
   
製品名                                       製品コード  容 量        価 格  和光コード
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]13.生化学用緩衝剤
13.生化学用緩衝剤
25g
100g

\8,600
\27,000
 347-04882
 349-04881
25g
100g

\4,200
\9,200
 346-04732
 348-04731
25g
100g
500g


\3,600
\9,000
\35,800
 341-00262
 347-00264
 345-00265
25g
100g

\3,400
\7,600
 347-03282
 343-03284
25g
100g

\5,400
\15,200
 343-04742
 345-04741
25g
100g

\4,600
\12,000
 347-00482
 343-00484
25g
\4,400
 342-04692
25g
\6,400
 348-03192
20g
\6,000
 347-08341
25g
100g
250g
500g
1kg




\2,800
\6,800
\14,800
\24,400
\47,000
 348-01372
 346-01373
 340-01371
 342-01375
 340-01376
25g
\7,000
 340-04132
100ml
\11,800
 345-06681
20g
100g
500g


\2,400
\9,800
\35,400
 340-08233
 344-08231
 346-08235
25g
100g
250g
500g
1kg




\3,000
\7,000
\15,200
\28,400
\51,400
 341-01622
 349-01623
 343-01621
 345-01625
 343-01626
25g
100g
250g
500g
1kg




\3,600
\7,400
\17,800
\27,200
\48,600
 349-01802
 345-01804
 341-01801
 343-01805
 341-01806
25g
\4,600
 341-04162
100ml
\12,200
 342-06691
20g
100g
500g


\2,800
\9,800
\35,800
 347-08243
 341-08241
 343-08245
20g
\3,000
 344-08351
25g
100g
500g


\3,600
\8,200
\30,000
 341-02222
 347-02224
 345-02225
25g
\5,800
 344-04152
25g
\4,600
 340-08032
20g
100g
500g


\3,600
\9,600
\35,000
 344-08253
 348-08251
 340-08255
25g
100g

\3,800
\10,800
 344-02572
 340-02574
25g
100g
500g


\6,000
\14,600
\61,200
 346-02652
 344-02653
 340-02655
25g
100g

\3,400
\8,600
 341-02842
 347-02844
25g
\5,400
 348-04172
 
ページの上部へ戻る