トップページ > バイオセンサ関連試薬

注力製品分類
バイオセンサ関連試薬
 
概 要 
 
 バイオセンサは生体由来の分子認識機構を利用した化学センサです。酵素反応や抗原抗体反応、イオンチャネルなどによる基質特異的な変化を電気信号へ変換して検出します。1967年にグルコースオキシダーゼをゲルで電極に担持したグルコースセンサが開発されて以来、様々なバイオセンサが開発されています。
 バイオセンサを作製するための三要素として、基板に固定化する「レセプター等」の選択とそれらの「固定化法」、レセプターとの相互作用による変化を捉える「検出法」の選択が挙げられます。
 同仁化学研究所では「固定化法」で利用できる、SAM試薬、二価性試薬(クロスリンカー)、活性化試薬、ビオチン化試薬などを販売しており、バイオセンサ開発にご活用頂いています。また、生体イオン測定における「レセプター」となる各種イオノフォア類も販売しております。更に現在、バイオセンサで有用な試薬の開発を進めており、電気化学検出の効率向上に寄与するための補酵素誘導体などを開発しています。
 

  図1 バイオセンサ作製のための三要素


SAM関連試薬 〜チオール誘導体〜

 固体表面に結合、集積し、自発的にナノレベルの薄膜を形成する自己組織化単分子膜(Self-Asssembled Monolayer; SAM)は、その作製の簡便さと、用途の広さから、近年盛んに研究されています。チオールやジスルフィドの誘導体は金、銀、銅、パラジウム、白金等の貴金属表面に高密度なSAMを形成することが知られており、特に金基板上のSAMは、SPRやQCM等のバイオセンサ、金ナノ粒子の機能化、電子材料への応用など様々な用途で使用されています。
   

図2 金基板上でのアミノアルカンチオールSAM 形成の模式図

  
○オリゴエチレングリコール含有アルカンチオール類
 バイオセンサで重要となるのが非特異吸着の抑制です。オリゴエチレングリコール部位を有するアルカンチオールSAMは非特異吸着抑制効果があることから、バイオセンサ作製でよく用いられています。特に、Carboxy基やAmino基を持つ誘導体をHydroxy誘導体と混合して利用すると、大きな非特異吸着抑制効果が期待できます。
 
製品名/構造式
特性
容量
品コード
アミノ基
反応性
10 mg
100 mg
C445
10mg
C463
カルボン酸
反応性
10 mg
100 mg
A483
10mg
A505
非特異
吸着抑制
10 mg
100 mg
H354
10 mg
H395
10 mg
100 mg
H355
10 mg
H396
  
○One Shot タイプSAM試薬
 上記の通り、より有用なSAM基板を作製するためには複数種類のSAM試薬を検討して用いられます。小社ではそのような検討や試薬測り取りの煩わしさを解消した、溶媒を加えるだけでバイオセンサに最適なSAM試薬溶液を調製できるOne Shot タイプのSAM試薬を販売しております。
  
製品名
特性
容量
品コード
製品形態
アビジン類の固定
1 μmol x3
B564
One Shot タイプ
アミノ基反応性
1 μmol x3
C488
One Shot タイプ
His-Tag結合
2 μmol x3
N475
One Shot タイプ


図3 Biotin-SAM Formation Reagentを用いて作製した抗体固定化センサの模式図

  
 

SAM関連試薬 〜ホスホン酸誘導体〜 【試作品】

 ホスホン酸誘導体はAl2O3やTiO2、ITOなどの金属酸化物上に結合して自己組織化単分子膜(SAM)を形成することから、有機デバイスやバイオセンサなど様々な用途で応用され始めています。金属酸化物の表面処理に古くから用いられているシランカップリング剤と比べ、ホスホン酸誘導体は試薬が安定、形成されるSAMが高密度、形成されるSAMが安定、といった利点を有しています。
 前述のように金基板上のアルカンチオールSAMでは非特異吸着抑制効果の高いオリゴエチレングリコール含有アルカンチオールがバイオセンサ用途で汎用されています。Al2O3やTiO2、ITOを基板として用いるバイオセンサにおいてもオリゴエチレングリコール含有したホスホン酸SAMが有用であると考えられます。
 そこで、小社ではオリゴエチレングリコール含有し、末端にカルボキシ基、アミノ基、ヒドロキシ基、アジド基、マレイミド基を有するホスホン酸誘導体を試作致しました。また、アルカンチオールSAMで販売しているBiotin-SAM Formation Reagentのホスホン酸バージョンであるBiotin PA-SAM Formation Reagentも試作しています。これらバイオセンサ向けホスホン酸誘導体の試作品にご興味のある方は小社までご連絡下さい。
 また、その他にも種々の官能基のホスホン酸誘導体をご用意しております。詳細は小社パンフレットをご覧下さい。
http://www.dojindo.co.jp/technical/pdf/sam_phosphon.pdf


 
  
カルボン酸活性化試薬、二価性試薬、NTA誘導体
 
 基板にタンパク質を固定化する際に最も良く用いられるのは、基板上のカルボン酸をWSC(EDC)/NHSで活性化し、
タンパク質のアミノ基と反応してアミド結合で固定化する方法です。WSCは水溶性で、洗浄が容易な活性化剤です。WSCとNHSを小分けし、活性化や固定化に必要な緩衝液等をセットにしたAmine Coupling Kitもご用意しております。
 SH基を有する分子を基板に固定化する際には二価性試薬が良く用いられます。アミノ基を有する基板と二価性試薬を反応して基板にSH反応性のマレイミド基を導入します。His-Tagを導入したタンパク質の固定化にはNi-NTA錯体が有用です。小社ではカルボン酸表面に固定可能なAB-NTAや、アミノ基と反応性のイソチオシアネートを有するIsothiocyanobenzyl-NTA、SH基と反応性のマレイミド基を有するMaleimido-C3-NTAなどを販売しています。
 
製品名/構造式
特性
容量
品コード
カルボン酸活性化
5 g
W001
カルボン酸活性化
2 ml x4
A515
二価性試薬*
50 mg
100 mg
G005
二価性試薬*
50 mg
S025
カルボン酸反応性
100 mg
A459
アミノ基反応性
10 mg
I279
SH基反応性
10 mg
M035
 
  *その他、リンカー長の違う誘導体など種々の二価性試薬を販売しています。
  詳細は詳細は小社パンフレットをご覧下さい。 http://www.dojindo.co.jp/technical/pdf/link_label.pdf
 
 
ビオチン化試薬及びキット
 
 ビオチンはアビジン類と強く結合することが知られており、その性質を利用してバイオセンサに広く利用されています。タンパク質等のアミノ基にビオチンを導入する際には活性エステル基を持つビオチンが、SH基が対象の場合はマレイミド基を持つビオチンが、アルデヒドが対象の場合はヒドラジド基を有するビオチン化試薬が用いられます。小社では抗体標識に適したビオチン化キット(アミノ基またはSH基用)も販売しています。
 Biotin-HPDPとBiotin-SS Sulfo-OSuはビオチン標識後に還元してSS結合を切断することが可能なビオチン化試薬です。タンパク質を標識後、アビジンカラムでトラップし、SSを切断してアビジンカラムからタンパク質を溶出させるといった使い方が可能です。
 
製品名/構造式
特性
容量
品コード
アミノ基反応性
10 mg
B305
アミノ基反応性
10 mg
B320
SH基反応性
10 mg
B300
アルデヒド反応性
10 mg
B302
SH基反応性
還元して切断可
50 mg
B573
アミノ基反応性
還元して切断可
100 mg
B572
アミノ基反応性
3 Samples
LK03
SH基反応性
3 Samples
LK10
 
  *その他、リンカー長の違う誘導体など種々のビオチン化薬を販売しています。
  詳細は詳細は小社パンフレットをご覧下さい。 http://www.dojindo.co.jp/technical/pdf/link_label.pdf
 
 
イオン電極用イオノフォア
 
 生体の維持には様々な電解質(イオン)が関与しており、イオン濃度の測定は疾患の発見に重要です。合成分子であるクラウンエーテルが環の大きさに依存して選択的に陽イオンと結合することが1967年にペダーセンによって発見されて以来、人工イオノフォアが生体イオン濃度の測定に利用されてきました。小社ではイオン電極作製で利用される種々のイオノフォアを販売しています。
 
製品名/構造式
測定対象
容量
品コード
K+
100 mg
B020
Na+
100 mg
500 mg
B021
Ca2+
1 g
H003
Li+
50 mg
D043
Li+
request
T302
NH4+
request
T402
Cl-
request
B432
Mg2+
request
C391
Mg2+
request
K226
Mg2+
request
K225
 
 
補酵素誘導体 【試作品】
 
 NAD (Nicotinamide Adenine Dinucleotide) は生体内で様々な脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)の補酵素として重要な働きをしています。例えば、乳酸脱水素酵素(LDH)による乳酸のピルビン酸への変換や、アルコール脱水素酵素(ADH) によるエタノールのアセトアルデヒドへの変換において電子の授受に関わっています(図4)。
 

図4 生体内の様々なデヒドロゲナーゼとNADの酸化還元反応


 小社では現在、反応性基を導入した補酵素の開発を進めており、N6-2AE-NADはNADのアデニンのN6位にアミノエチル基を導入した誘導体です。末端のアミノ基を介して電極やタンパク質などに共有結合で固定化することが可能です。酵素によるNAD+のNADHへの還元率を100としたときに、N6-2AE-NADは、80ほどの還元率を保持していることが報告されています。このような性質を生かして、N6-2AE-NADはバイオセンサに応用されています。Kharitonov らはSiO2や金基板上へNADを共有結合で固定化し、Field-Effect Transistor (FET)ベースの乳酸検出用酵素センサを作製しています(図5)。
 

図5 N6-2AE-NADの構造とそれを用いた酵素固定化センサの模式図

 このような補酵素誘導体にご興味のある方は小社までご連絡下さい。
 
  
   
製品名                                       製品コード   容 量       価 格    和光コード
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]02-1.酸化ストレス関連試薬―ストレスマーカー検出
02-1.酸化ストレス関連試薬―ストレスマーカー検出
10mg
\21,600
 340-07611
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]08-1.ラベル化剤―タンパク質標識キット
08-1.ラベル化剤―タンパク質標識キット
1set
\40,000
 
3samples
\12,800
 
3samples
\12,800
 
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]08-4.ラベル化剤―ビオチンラベル化剤
08-4.ラベル化剤―ビオチンラベル化剤
10mg
\13,600
 344-06391
10mg
\9,000
 341-06421
10mg
\5,200
 347-06401
10mg
\4,600
 346-06351
10mg
\6,200
 343-06361
10mg
\9,000
 340-06371
10mg
\5,800
 345-06821
10mg
\8,200
 348-06811
10mg
\12,200
 341-06801
100mg
\38,000
 348-09091
50mg
\40,400
 341-09101
10mg
\13,600
 340-09171
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]08-5.ラベル化剤―関連試薬
08-5.ラベル化剤―関連試薬
100mg
\41,200
 
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]09-1.二価性試薬―Hetero-bifunctional Reagents
09-1.二価性試薬―Hetero-bifunctional Reagents
50mg
100mg

\10,400
\17,600
 344-05051
 340-05053
50mg
100mg

\10,400
\17,600
 347-05041
 343-05043
50mg
\18,600
 342-06191
50mg
\18,600
 345-06201
50mg
\32,600
 340-06011
50mg
\32,600
 347-06021
50mg
\34,600
 341-06041
50mg
\34,600
 342-06211
50mg
\27,600
 349-09141
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]09-2.二価性試薬―Homo-bifunctional Reagents
09-2.二価性試薬―Homo-bifunctional Reagents
50mg
\17,000
 348-09111
1g
\30,400
 345-09121
50mg
\18,000
 342-09131
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]09-3.二価性試薬―その他
09-3.二価性試薬―その他
100mg
\13,400
 340-08071
10mg
\19,000
 
10mg
\17,600
 
100mg
\41,200
 
50mg
\66,000
 346-09151
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]11-1.イオン電極用試薬―イオノフォア類
11-1.イオン電極用試薬―イオノフォア類
100mg
\15,400
 347-04941
100mg
500mg

\15,800
\51,200
 343-05021
 349-05023
特注品
 
特注品
 
50mg
\24,000
 349-05621
1g
\25,400
 340-04931
特注品
 
特注品
 
特注品
 
特注品
 
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]19.その他の生化学、分析用試薬
19.その他の生化学、分析用試薬
5g
25g
100g


\6,400
\22,000
\65,600
 348-03631
 346-03632
 344-03633
詳細を隠す:[<div style="width:685px">]20-1.機能性有機材料―アルカンチオール誘導体
20-1.機能性有機材料―アルカンチオール誘導体
10mg
100mg

\41,600
Request
 
10mg
\47,800
 
2ml
x4
\25,600
 
1μmol
x3
\16,800
 
10mg
100mg

\26,400
\69,800
 
10mg
\34,000
 
1μmol
x3
\16,800
 
10mg
100mg

\15,600
\42,800
 
10mg
100mg

\19,800
\42,800
 
10mg
\29,600
 
10mg
\29,600
 
2μmol
x3
\18,000
 
 
ページの上部へ戻る