トップページ > Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST 
 
同仁品コード:CK12   製品名:Cytotoxicity LDH Assay Kit-WST
細胞数最適化時の高コントロールと低コントロールの吸光度の差が小さいです。原因や対策を教えてください。

@バックグラウンドが高いために低コントロールの吸光度が高くなっている可能性があります。以下を確認してください。

  ・培地中の血清に含まれるLDHはバックグラウンドを上げます。無血清培地または血清量を5%以下となるように調製した培地をご使用下さい。
  ・被検物質や培地中に強い還元性を持つ物質が含まれていると、色素WSTが誤発色してバックグラウンドを上げます。試薬ブランクを測定して確認してください。

A高コントロールに生細胞が残っている可能性があります。
  Lysis Bufferがウェル内で均一になり細胞が全て死細胞となるように、Lysis Buffer添加後にプレートを軽く振りLysis Bufferが十分に混ざるようにしてください。




製品のページに戻る


鞄ッ仁化学研究所 カスタマーサポート
Free dial: 0120-489548 Free fax: 0120-021557


お問合せのご連絡先や依頼内容等は、プライバシーポリシーを遵守した目的に利用することにご同意ください。

ページの上部へ戻る