トップページ > Anti-Nitroguanosine monoclonal antibody(Clone#NO2G52) 
 
同仁品コード:AB02   製品名:Anti-Nitroguanosine monoclonal antibody(Clone#NO2G52)
この抗体を用いることで何がわかりますか?

8-Nitroguanosineは、一酸化窒素(NO)と活性酸素(スーパーオキサイドアニオンラジカル)

によって生じる過酸化亜硝酸(パーオキシナイトライト)によってRNAがニトロ化された核酸です。

生体組織が炎症を起こすと多量のNOが産生され、多くの過酸化亜硝酸が生じて、グアノシン,デオキシグアノシン

をニトロ化することが知られております。

 8-Nitroguanosineの局在や量などを調べることにより、8-Nitroguanosine残基の役割や

遺伝子傷害、発癌機構の解明に役立つことが期待されます。

*ポリクローナル抗体で染色された場合、次のような確認を行なうことをお勧めします。

 1.標準の8-Nitroguanineと競合させて染色されなくなること

 2.Sodium hydrosulfiteなどの還元剤で試料中のニトログアノシン、ニトログアニンを

  アミノグアノシン、アミノグアニンに還元して染色されなくなること




製品のページに戻る


鞄ッ仁化学研究所 カスタマーサポート
Free dial: 0120-489548 Free fax: 0120-021557


お問合せのご連絡先や依頼内容等は、プライバシーポリシーを遵守した目的に利用することにご同意ください。

ページの上部へ戻る