トップページ > Lactate Assay Kit-WST 
 
同仁品コード:L256   製品名:Lactate Assay Kit-WST
細胞内の乳酸を定量する場合のプロトコルを教えて下さい。

下記のプロトコルを参照ください。
(1) 細胞(1×105 cells*1)をマイクロチューブに回収する。
(2) 300×gで2分間遠心し、上澄みを除去する。
(3) 冷PBSを300 μl加え、ピペッティングにより懸濁後、300×gで2分間遠心し、上澄みを除去する。
(4) 細胞溶解液*2(0.1% Triton-X)を300 μl加え、1分間ボルテックスし細胞溶解液とする。
(5) 8000×gで5分間遠心し、上澄みを回収する。
(6) 操作(5)の溶液を限外ろ過膜フィルター(分画分子量:10K)で除タンパク処理*3し、測定サンプルとする。

*1HeLa細胞の場合、0.02 mmol/l以上の乳酸を検出するためには1×105 cells以上の細胞が必要。
*2細胞溶解液にSDSを含むと発色を阻害するため、SDSを含むバッファーは使用を避ける。
*3内在性のLactate dehydrogenase (LDH)はバックグラウンドの原因となるため、除タンパク処理によりLDHを除去する。



製品のページに戻る


鞄ッ仁化学研究所 カスタマーサポート
Free dial: 0120-489548 Free fax: 0120-021557


お問合せのご連絡先や依頼内容等は、プライバシーポリシーを遵守した目的に利用することにご同意ください。

ページの上部へ戻る