トップページ > Lipi-Blue
Lipi-Green
Lipi-Red
 
 
同仁品コード:LD01; LD02; LD03   製品名:Lipi-Blue; Lipi-Green; Lipi-Red
固定化細胞への染色は可能ですか?

固定化した細胞でも染色は可能です。固定化細胞の染色手順は、下記を参照ください。
※固定化処理にはパラホルムアルデヒド(PFA)をご使用ください。メタノール等のアルコール固定は、脂肪滴の構造に影響を及ぼす可能性があるため、お勧めしません。
※細胞によっては、染色前後の固定化操作により、染色されない又は感度が弱くなる場合があります。その際は、固定化条件を検討頂く必要があります。

○染色後に細胞を固定化した例 <実績細胞 : HepG2細胞>
 @培地を除去し、PBSで二回洗浄した。
 Aプロトコル記載のWorking solution(in PBS)を細胞に入れ、37℃で15分インキュベートした。
 B上清を除去し、PBSで二回洗浄した。
 C4% PFA (in PBS)で5分間室温でインキュベートした。
 D上清を除去し、PBSで洗浄後、観察。

○染色前に細胞を固定化した例 <実績細胞 : HeLa細胞>
 @培地を除去し、PBSで二回洗浄した。
 A4% PFA (in PBS)で5分間室温でインキュベートした。
 B上清を除去し、PBSで二回洗浄した。
 Cプロトコル記載のWorking solution(in PBS)を細胞に入れ、37℃で30分インキュベートした。
 D上清を除去し、PBSで洗浄後、観察。



製品のページに戻る


鞄ッ仁化学研究所 カスタマーサポート
Free dial: 0120-489548 Free fax: 0120-021557


お問合せのご連絡先や依頼内容等は、プライバシーポリシーを遵守した目的に利用することにご同意ください。

ページの上部へ戻る